2017年9月29日金曜日

思わぬ癖。





プレタポルテのレッスンで、左の肩が右側に傾いていると指摘して頂いた。

これは、最後に左の前脚を着地してから、

その後、無意識に左肩が右に持っていかれているのです。

これでは体重が拇指球へピンポイントで乗れないし、

体重が右へと流れてしまいます。

自分ではそんなつもりはないのですが、

自然に傾いてしまっている。


生活面で思い当たることはありますか?

と、問われてなんとなく職場で電話対応を数時間していることが、頭をよぎった。


翌日、職場で今度は普段通りに席に着き、

気をつけて自分の仕事の態度を観察すると、

やっぱり身体が右側に向いた姿勢でした。

左手で電話の受話器を取り、右手でメモを取るという姿勢。

思わぬことに、日頃の仕事での姿勢が、

ハイヒールの歩きに影響していたことがわかり、

先生の仰るとおり、ハイヒールが身体の歪みを教えてくれていたのです。

その日は意識して、時々左に身体を向けるような体勢をとり、

バランスを保ちました。


このように、定期的に、客観的に自分の身体の状態を診てもらうことは

ハイヒール人生において、必要なことであると実感しました。

また、日頃の姿勢こそ、意識しないと

せっかくトレーニングを積んでも、努力が水の泡となる。

改めて反省し、今回のことは、私にとっては良い経験となり

また積み上げていこうと思います。


感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~


2017年9月25日月曜日

弛まぬ努力。




先週の土曜日に、体験レッスンがありました。

長崎県からお見えになり、それだけでもたいへん有難く、身が引き締まる思いでした。

こちらの女性は、8月から毎朝5時に起床し、エクササイズに励まれています。

そして、この女性の弛まぬ努力のおかげなのだと思います。

レッスンでは、膝の意識がきちんと入っており、脚を運ぶ時の足の甲が

何回かの修正で美しく変化されました。

最初のストレッチでも、ご自身の疑問点を私に尋ねられる、その真摯な姿に

本当に日々、真剣に取り組まれていらっしゃることが伝わりました。

私も今まで意識をしてこなかった点もあり、新たな発見となり

こちらが学ぶ機会を与えられました。

実際にハイヒールを履いての歩きを、正しい足の運びと共に

こちらのクライアントの方と行った際、今までとは全く違う優雅な歩きに、

私自身、今思い出しても、感動します。

女性は年齢に全く関係なく、ハイヒールを歩くことが出来ます。

そして、美しさに挑む姿こそが、美しい。

このように感じずにはいられないレッスンでした。


私もそうなのでしたが、筋肉は、まずは最初に腹筋や背筋などを意識します。

しかし意外と見逃してしまう箇所が首の筋肉なのだと感じます。

約5キロもある頭を支えている首。

頭を後方にプッシュし、正しい位置に定め、

日頃から首の筋肉を柔らかくしていくこと。デコルテを張ること。

これだけでも、美しい姿勢が保たれ、体はひとつのユニットであるため

腹筋がさらに引き上げられます。

美しさを創り上げることは、ひとつひとつ丁寧に意識を入れていくため

時間も体力も要しますが、

重ねた分だけ、美しさも軸も確かなものになります。


この美しいクライアントの女性から教えて頂いた、

日々、弛まぬ努力で得られることの美しさ。

このことを忘れずに、私もまだまだ修行の身ですが、

この実感と共に、これからも突き進みます。

お一人でも多くの女性に、

このハイヒールの哲学を通して得られる喜びを、実感して頂くためにも。


愛と感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~

2017年9月21日木曜日

ハイヒールで繋がる縁。




だんだんと蝉の鳴き声が聞こえなくなった代わりに

鈴虫達の優しい鳴き声が、我が家の庭で聞かれるようになった。

朝晩の肌寒さもあって、もう秋を五感で感じ、

このままあっという間に冬が訪れるのだなと感じます。


ハイヒールの哲学を本格的に学びだした頃が今年の1月。

初めてプレタポルテのレッスンを受けたのはその前の年の2月。

ともに寒い季節であったので、寒さを感じ始めると

あの時の気持ちが自然と蘇ります。


今朝、ある大切な方からメールを頂き、

その中のエピソードを読んで胸が一杯になった。


アメリカで皆既日食を体験されたこの方のお話を

メールを通して、私の中で想像が膨らみ、神秘的な気持ちに包まれた。

改めて、私たち人間はこの地球で宇宙の中で生かされてる存在なんだと感じました。

私が数日前に悩んでいたことが、とてもつまらない小さな事に思え、

心が生まれ変わったようでした。


まだまだ私の知らない世界が多くあり、崇高な美しいものに触れていきたい。

そして、邪念に惑わされまいと思う。


遠くアメリカという離れた場所で

自分の気持ちに忠実に、そして美しくハイヒールと共に生きられている。

この方の人生に少しだけでも触れることが出来たこと。

平凡な人生を歩んできた私にとっては

これも、ハイヒールが与えてくれた奇跡と感動の出来事です。

ハイヒールがasami先生が紡いでくださったご縁に、感謝しかない。


込み上げる感謝を込めて。         凜~ Les Caprices ~

2017年9月18日月曜日

誕生会を終えて思うこと。




3連休も最終日。

今日は昨日までの台風が嘘のように、福岡は晴れ渡るお天気でした。

そのような中、昨日は娘の誕生会でした。

初めて学校の友達を招待しての誕生会なので

本人は数日前から、「あと3日!」「あと2日!」と、興奮気味でした。

ケーキや食事の内容はあらかた決めていたので、問題なかったのですが

どんなゲームをすれば子供たちが喜ぶか、決めかねていた。

そして考えれば考えるほど、私まで興奮してしまった。

意外だったのが、上の息子が率先してこの会に協力してくれた。

ゲームの内容などの企画、ゲームで使う紙類の下準備、工作など

ほとんど手伝ってくれた。

しかも、司会進行まで買って出てくれ、息子の意外な一面を知った。

私もですが、息子もきっと同じ気持ち。

人を楽しませることは、実は自分が楽しんでいるということ。

おかげで大いに盛り上がり、無事に任務を終え、ホッとしております。

家族や娘の友人たちや親御さん達のお蔭で、本当に良い想い出となった。

倒れこむようにその日は深い眠りにつき、今日もまだ多少の疲れは残っていますが

ハイヒールを見つめれば、気持ちが引き締まります。

昨日、エクササイズをさぼってしまったので、

今日はこのブログのあとに、取り戻します。

私の人生は、大切な人々あってのこと。

精神的にきつくなった時は、休むことも大事ですし、

何よりも、感謝する箇所を見つけ出すこと。

これはハイヒールの哲学の6ヶ月間で体感させて頂いたことです。

今までと物事への捕らえ方が変われたこと、これはお金では買えない財産です。

改めて、私の人生に生かされているこのハイヒールの哲学。

そう、人生を美しく生き抜く哲学です。



心からの感謝を込めて       凜~ Les Caprices ~






2017年9月15日金曜日

日々、学びと実践。




久しぶりのプレタポルテレッスン。

開始直前、パソコンの扉を開こうとする私は、特に今日は気持ちが高揚した。

本当に素敵な姿でした。

ブログから、一体どのようなヘアスタイルなのだろう、、、と

色々と想像していた。

バッサリ、とあったので

もしやベリーショートでは。と一瞬よぎったりもした。

asami先生は、今まで以上に、さらにエレガンスに目の前に現れました。

髪の輝きも増し、色もさらに強い明るいゴールドで

先生の内面にある心やオーラが、髪からも醸し出されていました。

私もヘアスタイルを変えてみたい。

私の場合は、まだまだ自分の内面が追いついていないので、

ここはひとつ先日のハイヒールの哲学通信にもお話があったように、

香水の哲学を習い、頭ひとつ分の法則に沿って、思い切って大きく変わってみようか。

そんな気持ちになりました。

レッスンでは新たな課題が幾つか見つかり、出来ない自分に歯がゆいですが

これも私にとっては更なる上へと繋がる大切な課題。

中身はまだまだ未熟者ですが、

この洗練された美しいオーラを、何年かかっても

いつの日か身につけたい。

そう思わせてくださる師に出会えたことに、

今、改めて深い感謝で溢れています。

そして、未だお会いしたことはないですが、

同じ志しを持つ、先生の美しいクライアントの方々。

毎回ブログを通じて、美しく奥深い世界に触れ、

日々学ばせて頂いていることにも。

少しでも、自分も追いつけるように、日々学んで、実践していこう。


沢山の感謝を込めて  凜~ Les Caprices ~

2017年9月11日月曜日

挨拶と笑顔。




フランスで感じたこと。

沢山ありますが、そのひとつにスマイル、微笑み。

そして挨拶。

他人同士であっても、この二つがあちらこちらにありました。

これは、他人との垣根を取り払ってくれる第一歩であること。

多分、フランスや他の諸外国に行かれた方も感じていらっしゃると思います。

お店の店員さん、通りすがりの人々、偶然エレベーターに乗り合わせた人々。

皆、微笑んだり笑顔をみせてくれる。

こちらから挨拶すると、必ず返事が返ってくる。 笑顔と共に。

以前からそんな習慣の人々と思っていたので

私も臆することなく、こちらから笑顔と挨拶のセットで目を合わせます。

日本にいたら、やらないことでした。

10日間近く、このような習慣に従っていたので、

今でもそれは消えないように、私なりに通しています。

残念なことに、目を合わさない人、言葉も返ってこないこともあります。



こちらから愛を示す。

というと、大きな表現ですが、私はこの素晴らしく心地よい習慣を

ずっと貫いて生きていこう思う。

フランスから、教え示してもらった生きる姿勢。

私は大好きです。


感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~


2017年9月9日土曜日

小さくて大きな喜び。





エクササイズを始めると、あっという間に2時間近くが経ってしまう。

毎回、頭と背中のポジション、そして膝への意識、骨盤の位置

拇指球一点を確認し、

身体はひとつに繋がっているのだと実感します。


そんなエクササイズから感じること。

10センチのルブタンを履いて、軸を取る練習を続けたおかげか

以前よりは、安定して履けるようになった気がします。

ハイヒールは練習して直ぐに歩けるようになれない私なので

やっと軸を感じ、丁寧に歩けている感覚を掴んだ時は

喜びが込みあげる。

パリの1区にあるルブタンのお店で

勇気を出して購入した、もう一足のハイヒールが私を待ってくれているので

これからも、コツコツと歩みます。


感謝を込めて    凜~ Les Caprices ~

2017年9月6日水曜日

美しい姿。






やはり、どんな女性でも、自分から美しくなることを諦めない方は

私は美しいと思います。


職場で一緒に働いている、20代後半の女性の方がいます。

以前は自然な雰囲気の、どちらかというと素朴な女性でしたが

先週2週間ぶりに職場復帰した日に、その女性には違う雰囲気が漂っていた。


いつものジーンズスタイルが、ミニスカートを履いたり

きちんと口紅をひき、メイクアップしている。

以前よりもぐんと綺麗に女性らしくなりました。


最近では、周りの女性や私に、「ネイル、素敵ですね!どちらでされたんですか?」

と尋ねた翌日に、早速彼女の指先が美しく変身していました。

その行動力や素直さに、とても私は惹かれています。


先日、たまたま一緒にお掃除をすることになり、

彼女とお話した際に、明るく一言

「私はこのままでは、いけないと思って、自分は変わりたいと思っているんです。

少しでも周りから見習って、綺麗になることに頑張ろうと思ってるんです。」

笑顔ではっきりとそう話す姿は、本当に愛おしいというか、

この姿こそが美しいなと感じました。


色々と理由を付けて、美しくなることを諦める女性も多々いる中で、

こんなに素直に貪欲に、美しく変わろうとする彼女は

その純粋さこそが、クリスタルだと改めて感じ、

私もまだまだ貪欲さが足りないと、逆に教えられました。

そんな彼女をこれからも応援していきたい。


もし、ハイヒールに興味を持ってくれたら

その時こそは、大きく変われる切符を手にするのだろうと思います。


女性であれば、その心に忠実に美しくあり続けることを諦めないで欲しい。

ハイヒールを通して、お伝えしてゆきたいと思います。



感謝を込めて    凜~ Les Caprices ~

2017年9月4日月曜日

背中への気付き。








パリでasami先生のオートクチュールレッスンを受けて

一番指摘を頂き、自分でも気付けていなかったこと。

それは背中が思っていた以上に後方に倒れていたこと。

デコルテを張ることを意識していたのはよかったのですが、

張ると同時に、背中を弓のように反らしていた。


腰痛の原因は様々ですが、

これが大きな原因だと、横から見た自分の姿を鏡で見ながら

頭の中で何かがサーっと流れた。

腰痛は、腰を支える筋肉の弱さや姿勢の歪み、または内臓に原因があるといわれている。

近年ではそれ以外にも、精神的ストレスも要因とのことが判明したそうです。

一度、なってしまうと本当に不自由な思いや痛みを味わい、

気持ちまで下がってしまいます。

私もよくわかるので、本当に日々の体の動かし方や姿勢は予防になると思っています。

私の場合は、腹筋を引き上げること

背筋や背中が反らないように、との意識は、危機感と共に毎日、感じています。


美しさを奏でたい、と思っても

身体のどこかが痛むと、そこから引きずられてしまう。


ハイヒールを履くと、メンタルが引き締まるのはもちろん

腹筋や背筋などあらゆる筋肉への意識が目覚める。

そして、踵からの着地ではなく、つま先側からの着地により、腰への負担が防げます。

私にとってのハイヒール

それは、女性としての喜びを大いに感じることと、身体を強くすることに加えて腰痛予防として。

そして、ハイヒールを愛する女性に出会うべくもの。


これからも、ハイヒールと共に歩みます。

                                            凜~ Les Caprices ~

2017年9月2日土曜日

新たな思い。




今週から、学校も始まり
久しぶりの職場への復帰。
ちゃんと仕事は出来るだろうか、、と鈍った感覚を奮いながら
またいつもの生活が始まりました。


有難いことに、フランス旅行中に
体験レッスンの申し込みを頂き、
また、帰国後にも申し込みを頂きました。
新たに気持ちが引き締まる思いです。

私のほうで、返信が直ぐにお返し出来ないことを
お察し頂いたり、本当に御心遣いが嬉しかったです。

返事をお待ち頂いた上で、今月末に体験レッスンとなり、
今から緊張感が走ります。




「8月1日から5時起きで、ビデオを見ながら
 ハイヒールエクセサイズをしておりますが
 何か まだつかめず、ご指導頂きたいです。」

「凛さんのフランスへの想いを読んで (また 今回のフランス渡航を読み)
 何かピンとくるものがありました。

 今 すぐ ご縁がなくとも
 いつか ハイヒールのでご縁がありますよう、楽しみにしております。」


こちらの方からも、長崎という、福岡から離れた土地からの
想いのこもったメッセージに
感謝と責任を感じずにはいられず
また、日々の無駄なものはまだはないか、見直しです。

今回の旅の最大の目的であった
asami先生のオートクチュールレッスンで得た
ご指導と美のエネルギーを
今度は自分のレッスンに反映させるべく
レッスンの内容に関して、音楽や雰囲気に声の出し方など
もう一度、練りなおします。

私が遠い昔に、パリでのオートクチュールのレッスンを受けたくても
受けられない現実を味わったからこそ
今、ハイヒールエクササイズを受けられない方の気持ちが
私なりに感じられるので
出来ることを行って参りたいと思います。


新たな気持ちを込めて。

                                     凜~ Les Caprices ~
 

新たなる内面と外面の改革

寒さが厳しいこの季節、特に意識しているデコルテの開き。 先日とあるお店の鏡に映る自分の横向き姿を見て、立ちすくんだ。 意識しているはずの肩が、内に入り、顔も前に突き出た状態に。 それはもう、疲れた雰囲気を漂わせた、痛い姿の自分だった。 そんな自分に肩を落と...