2020年3月17日火曜日

お母さんになりたくない





「私、お母さんになりたくないって、思ってた」

当時小学2年生の娘の言葉に
夕刻、台所で洗い物をしていた私の手が止まった。


「どうしてなの??」
固まった私は、すぐさま膝をついて娘と目線を合わせた。

「だって私がお母さんになったら、スカートが履けないんだもん」


詳しく話を聞くと、どうやら結婚したくない、ということではなく
私の女性性の欠けたファッションが原因でした。


「お母さんは、いつもズボンを履いているでしょ。
だから私も大きくなったら、お母さんになったら
スカートが履けないと思って。」
うつむきながら、娘は心の内を明かしてくれた。

その時、何かが私の頭の中をぶち破った。

まさかそんな風に感じさせていたとは。。

これは私が師匠とのプレタポルテレッスンを始めた、3年前の出来事です。

出産してから、私はほぼ365日パンツスタイル。
スカートやワンピースは、すっかりクローゼットに眠らせたまま。

それが画面から飛び出るような師匠の美しさや
コンサルティングを始めた同士たちの美しさが刺激となり

私もこうなりたい!という眠っていた性(サガ)が
ジワジワと起き出した。


とはいえ、もちろん、最初はスカートやワンピースを履くと抵抗感が芽生えた。
今までとは違う世界だから。

しかし抵抗しながらも、私の頬は緩み
女性らしくある自分が懐かしかくも、嬉しかった。

ハイヒールの扉を開け、少しづつ
自分のファッションが変わり始めた頃。

私のファッションスタイルが「ハイヒール✖️スカート」での登場回数が多くなり
娘は安堵したのか
この冒頭のセリフ、娘の本音を聞かされたのだった。



そんなつもりは全くなかったのに
まさか、私が毎日ジーンズスタイルだったばかりに
娘には「お母さん=いつもズボン=スカートは履けない」という
悲しい図式を植え込ませていたとは。。


なんとも申し訳ない気持ちで、「ごめんね、そうじゃないよ。」
と、あの日アタフタと話した。


これは全員には当てはまらないとは思います。
が、母親の日常のスタイルは
幼い子供にとっては、それが全ての基準となってしまう。



あれから3年、今でも女性性に関しては
試行錯誤の最中ですが

あのポツリと、「お母さんになりたくない」と
神妙に呟いた娘のセルフを聞くことはなく
今では「母さん、今日はスカート、いいね。」と
ニッコリと笑顔を見せてくれる。

私の生き方、スタイルが
子供には物言わぬ鏡として、写っているのだと
今でも、このエピソードは私の戒めにもなっている。




感謝を込めて。  Les Caprices・凜




2020年3月11日水曜日

疲れた時こそ、エクササイズを




コロナウィルスの感染拡大で
様々な予想外のことが起こり
お疲れが溜まった方々に
こんな時こそ、ストレッチや運動をお勧め致します。


昨日は働いている近所の友人のお子様を
我が家でお預かりし
お迎えに来た彼女の口からも、小声で「ストレスが溜まりそう」
と、庭ではしゃぐ子供達には聞こえない様に
話をしていた。


確かに気持ちは分かります。

私も1日を振り返れば
なんだか台所にずっと立っている場面が浮かぶ。

そんな私は疲れが溜まったところに
あえて、ストレッチと素足のエクササイズ
特に、椅子を使ったエクササイズをしている。
これがストレスを散らすのに、とても効果があるのです。


身体が疲れているところに、運動?と思われるかもしれないが
実際にやってみると
かえって身体がほぐれ、血流が良くなり
体だけでなく、心も軽く
気持ちも前向きに働く。
「よし!次にいこう」と、もう一度頭を上げる私。


最近、ある対談動画を見た。
それは精神科医で作家の樺沢紫苑さん作「アウトプット大全」です。


とても勉強になることばかり、且つ内容もたっぷりな為
詳しいことは省きますが
この中で、「運動」について興味深い話がなされました。


ハイヒールエクササイズをされる皆様が
知っておくと
更に効果があるかと思いシェアをさせて頂きます。



人は身体を動かし、運動をすると
体内では、「成長ホルモン」が分泌される。
このホルモンは、①筋肉を作る作用
        ②疲れを癒す作用 がある。

つまり、疲労回復ホルモンでもある。


アメリカでは近年、「アクティブレスト」といって
積極的に運動することで、疲れを取る目的で
行う人々が増えている。


休日、寝て過ごすのではなく
「敢えて運動をする」ことで、逆に体にとっては疲れが減り
身体の休息になるということです。


また、人は運動をすることで
体内から「BDFN」という物質が放出され
これらは「脳の神経細胞を育てる」働きがある。

この働きが良くなると
頭の働きが良くなることも分かっている。
この「BDFN」は脳を活性化させ
脳の退化を防ぐ働きもある。




なるほど、運動すると良いことしかないのですね。
このことを知ってから、疲れたときにするエクササイズの効果にピンときた。


コロナ騒動で、様々な疲れが出始めた皆さま
5分間でも良いので、お疲れの時こそ
ストレッチや運動を。


何故なら、身体と心は一体で繋がっていますから
動かすことで、気持ちが上昇します。


しかしどうしても辛い状態の時は
思い切って休むことも大事ですね。
早くこの騒動が収まり
皆様が少しでも、元気に明るい夏を迎えられます様に。



感謝を込めて。  Les Caprices・凜


*明日から家族で出掛けるため、3日間ブログはお休み致します。




2020年3月8日日曜日

可能性を見つける





目を見張る記事に触れた。

ここのところ、世間ではコロナ騒動で
マスクやペーパー類など
聞いていて辟易するようなことばかりだったが
そのような中
大手電機メーカーのシャープさんが
マスクの生産をされることになったとのこと。


電機機器メーカーさんが、マスク?
と思って読み進めると

スマートフォンや自動車で使う液晶パネルを生産している工場内にて
この度、初の試みとなるマスクを生産予定だそうです。

工場内は液晶パネルを作る際、埃が入らないように工夫された
「クリーンルーム」という場所があり
ここがマスク作りに適している、とのこと。

今月中に生産を開始して下さり
1日あたり15万枚の製造、ゆくゆくは1日あたり50万枚との方針が打ち出された。
本当にありがたいことです。
マスク不足の今
本当に必要な人に行き渡ります様に。


そしてこのことから、着眼点の素晴らしさ
発想力の大切さを切に感じました。


畑違いの分野でも、出来ることや可能性のあることが
他にもみつかるかもしれない。
そう思って、問題に取り組まれた姿勢にグッときました。


「無い、出来ない。持ってない」の閉ざされた思考から
「ある、何か出来る。代用できる」などの広がる思考。
これが問題解決のキーとなる。


この思考の転換を私も日々、意識して過ごしてみよう。
きっと何かがみつかるのかもしれない。

今は出かけることを控えたり
子供達がいることに、大変なこともあるが
この時期にしか出来ないことがあり、学ぶ機会がある。

明日は子供達を預かることになっており
ここからまた、何か発見できることがあるかもしれない。


シャープさんの様に
この異例の事態の中でも、何か自分でも問題解決できる発想力を持って
過ごしてみたいと思います。



沢山の感謝を込めて。  Les Caprices。凜


*3月9日はブログはお休みいたします。

2020年3月6日金曜日

子供達のチャレンジ月間





国内の各学校が休校になり、5日目。
朝起きて、今日は何曜日だったかな?
と、だんだん曜日感覚が薄れ始めてきました。


夏休み級の春休み。
まだまだ先は長いので
ついついため息は出るものの
この機会に
家での手伝いや、簡単な食事の準備を子供達に任せてみた。


庭の枯葉の掃き掃除、洗濯物、ラーメン作りにフライパン料理。
たとえフライパンから卵白が
ボタボタとこぼれ落ちてしまっても
怒らない、怒らない。


この長期休みは子供達の家事力アップのチャレンジ月間。
良い機会に、子供たちの生活力が上がればと
密かに母として戦力を求む。


これからの男の子は
簡単な料理や家の片付け、掃除力を身に着けることは
きっと未来の女性の為にもなるという思いも込めて。


共働きは今や珍しくなく
夫婦で生計を立てている家庭もある。

「専業主婦より、外の世界で働く方が本当は向いている、その方がいい。」
と私の友人達の口から聞いた。

「でも主人に家のことを任せると、何処かで負い目を感じる」
と、伏し目がちに語ってくれた友人もいる。


もっと働く女性が、罪悪感なしに
夫に男性に家事や育児を任せられるような社会になれば。
このことは、折に触れて綴ってみたいと思います。



さて、明日はどんなことを任せてみようか。
子供達の成長や私自身の忍耐力を鍛える為にも
楽しみながら過ごしていこう。





沢山の感謝を込めて。  Les Caprices・凜




2020年2月29日土曜日

未来メッセージ





2023年・2月

こんにちは。
今から3年後の貴方から
現在の貴方にメッセージを届けます。


今まで進もう!と思っても、足が止まったり
でも決心して踏み込んでみたり。

あの時、貴方が思い切って飛び込んでみてことは
正解だった。


それは貴方が手に掴んだものが
これからの未来を切り開く大きな鍵となっているから。


もう自由に行きたい場所へ、行ける。
勿論、家族や周りの人々のお陰でもあるが
一番に、あなたの行動と情熱✖️継続の方程式で
貴方が諦めずに、この3年間という道を進んできたことが
現実を動かした。


今いる場所ではない、貴方がずっと望んでいた場所に
貴方は2023年、大地を踏んでいる。

子供達もそれぞれ進むべき道へ向かって、前を向いている。
家族が応援している。
だから、安心して信じていい。


いや、そんなわけが無い。
現実は簡単にはいかない。

と、今、貴方は視線を斜めに落とし、信じてないのかもしれない。

大丈夫。
本当はそれが可能だって、心の片隅では思っているでしょう。
その直感を、今こそ信じなさい。


もうこれまで沢山の実話、人々の話を見聞きし
自分の中の諦め感、固まった常識が
まるで太陽に照らされた固い氷が
ゆっくりと溶けるように
日本の古い常識が、常識ではないことを知ってしまったでしょう。


自分を信じて、ハイヒールコーチとして
心豊かな人生を歩むべく
今は痛い思いも、失敗も、喜びも
どんどん経験していい。

した方が良い。
これは3年後の私が、今の貴方に強く伝えたい。


成熟した経済的にも自立した女性。
内面から充実したエネルギーに満たされ
仕事にも反映されている。



貴方の名に相応しいが如く
自分を信じて、生きなさい。




3年後のLes・Caprices 凜 より



2020年2月26日水曜日

母であっても、一人の女性





「お母さん、こんな時間にわざわざ口紅を塗るの?」

首を傾げながら私を見る息子の顔が
鏡の奥に写った。

「もちろん、美しくあるためだから。」
と、私は再び紅を引き
遅れないように携帯電話と小さなおにぎり、車のキーをバックに詰め
急いで家を後にした。


夜20時、誰にも会うこともない。
ただ、娘の習い事の迎えをするだけなのだが
私は鮮やかな口元のおかげで
その時「女性」を感じる。


一見、夜にそんなわざわざ手間がかかる化粧は必要?
と思われるかもしれないが
このひと手間が、私の気持ちを高揚させる。


母であっても、女性であることを表現したい。
セクシーでありたい。
その為に、指先や膝、背中、頭のポジションー
身体の全てに、神経を渡らせる訓練をしてきた。


これは私がこの二年間で師匠から受けたレッスンやAsami-parisコース
私が体得した習慣の一つ。
もちろん、、完璧ではなく
失敗や、その意識を忘れて雑な女性であったことも多々ある。


二年経った今でも、トライ&エラー。
しかし諦めてやらない数年間より
小さくても積み重なった「もの」の結果は
周りの人たちが教えてくれた。


「なんだか雰囲気変わった」
「姿勢が良い。何かされてますか?」
「こんな高いハイヒールで!?」


ありがたい言葉の数々は
今の私の励みとなり、心の奥の引き出しにソッと忍ばせている。


実は一番に喜んでいるのは、娘です。
子供は残酷にも素直であり
ダメなものはダメ。良いものは良い。とハッキリ言う。

「昔のお母さん、暗いイメージ。いつもズボンだもん」
「でもハイヒールを始めてからはワンピースだね、素敵!」
息子はさて置き、嬉しいようです。

私自身、外見の変化も変わったが
心の有り様が変わった。
駄目な自分も、愛おしく感じるようになれた。


私はこれからも、1人でも多くの女性に
一人でも多くの母親に
美しくあることは、素晴らしい教育であること
自分の美を開花されることで、心豊かな人生を送っていただくことの
応援をしていきたい。


ハイヒールは最高のアイテムです。
また、呼吸をするリズムや動作も滑らかになることで
心が穏やかに冷静さを生み出します。


レッスンを通して、美しく歩くことは
自分の人生を豊かに、女性であることを素直に喜ぶ人生を
味わって頂きたいと願います。


そして家族にとっても、自分を愛おしむそのエネルギーは
そのまま家庭内に広がるのだと
私の体験を通してお伝え致します。



沢山の感謝を込めて。  Les Caprices・凜



2020年2月25日火曜日

これからを生き抜く為に






先週金曜日、久しぶりのプレタポルテレッスンを受けた。


しかしこの日は、身体を動かすレッスンではなく
心のエクササイズレッスンとなった。

実際に私の身体から汗が流れたのは
レッスンが終わるラスト5分間だけであった。

それ以外は、これからの時代を自分を見失うことなく生きるために
Asami先生からとても大切な話がなされた。


「2020年は、激しく2極化に分かれる」
先ずはこの言葉が私を突き抜けた。


無意識に落ちていくか、意識して上の世界に上がっていくか。
その為にも
どの様にして自分のエネルギーを高めるのか。


これは個々に感性や、住む環境、家族構成
そして生活スタイルが違うので
人からコレ、と言われて見つけるものではなく
自分を知り尽くしてこそ、見つけることが出来る。


何が自分の心を高揚させるのか。
そこに触れ続ける行動。
それ以外の潔い線引き。厳しく言えば、排除する強さ。


高揚させるもの。

お察しの通り
フランスの持つエネルギー思想
奏でる様なフランス語
クライアントとのレッスンやクライアントの思い
ハイヒールにエクササイズ 
美しい師匠と同志達 赤ちゃん
曲線のあるワンピース ビターショコラ
小説や音楽 家族と笑い合う時間 六本松界隈


限られた時間の中で、これらに触れ続けることを
もっと意識して
ネットや周りからの溢れかえる情報に
流されない様、しっかりと見据えていこう


そして最後に
私を見つめる美しい深紅の口元からは
「もう一度、原点に立ち返りましょう」と
真っ直ぐな思い、エネルギーが画面から溢れ
受け取った私の心に
再び静かな鐘が鳴った。




愛を込めて。  Les Caprices・凜



お母さんになりたくない

「私、お母さんになりたくないって、思ってた」 当時小学2年生の娘の言葉に 夕刻、台所で洗い物をしていた私の手が止まった。 「どうしてなの??」 固まった私は、すぐさま膝をついて娘と目線を合わせた。 「だって私がお母さんになったら、スカートが履けな...