2017年10月31日火曜日

感謝。




朝、起きてストレッチを行い、家事育児をして

仕事へ出掛ける。

帰宅して、休んでまた、家事をして食事して片付けてと

フル回転の一日。



職場でも、台所に立っていてもどんな時も、

身体のポジションを意識して、ふいに崩れそうになったら正す。

心の中はいつでも、初心を忘れるべからず。


一人、落ち着いた静かな夜。
大好きな音楽を聴きながら、心を落ち着かせ、ふと振り返る。

こうやって懸命に生きていけるのも、家族や職場の方々、地域の方々

遠くで思ってくれる家族、友達。

見えないけれど、感じる。

周りに支えられて、私は生きている。

そのことだけは、忘れるべからず。

ありがとうございます。

深い感謝を込めて。   凜~ Les Caprices ~


2017年10月28日土曜日

初心に戻って、また進む。





デコルテを張ることが身体の軸を司る大切な鍵のひとつだと

想像以上に、体感した昨日のプレタポルテのレッスン。

以前に比べて、骨盤の歪みは自分で意識できるようになったので

修正が減ってきたのですが

頭を後方にプッシュすること、デコルテを広げ、肩甲骨を中心に寄せる。

前脚を出すときに、膝が落ちてきているので、腹筋を引き上げる。

この意識がまだまだであった。


また、ハイヒールを履いて軸を掴むエクササイズでは

全く出来ていなかった為、その為のエクササイズへと切り替わった。

ハイヒールを履いた状態で、前脚をつくると同時に

後ろ足の踵を中心に寄せるエクササイズを行ったとき。

グラグラと揺れる身体に、先生が「もっと左の肩を開きます。」

との言葉で、肩を広げると、身体が安定してきたことを実感。

背筋の威力を思い知りました。


意識していても、デコルテの張りが甘いので

これはもう、ハイヒールを履いている時やエクササイズ時以外の

全ての時間において、デコルテを張り続けることで

身体に定着させなければ、私の身体は覚えてくれない。



頭の位置、首の筋肉、そして背筋や腹筋、ヒップに膝への意識

そして、全体重を拇指球に乗せるスキルなど

身体のこのような部位は、全て一つに繋がっているという理論の元

ハイヒールを正しく美しく歩くためのエクササイズ。


頭で分かっていても、身体が思うように動いていかないのなら、

日々、意識して覚えこませるしかない。

今更のような言葉ですが、こうやって日々少しでも進むしかないと

初心に返る週末でした。


感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~



2017年10月27日金曜日

心のコントロール。




秋晴れの続く、ここ福岡の空。

明日からまた、台風の影響で週末は、雨の予報と出ているが

それを感じさせないほど、澄み切っていました。

天気など、外部の変化は私たちはどうしようも出来ませんが、

心の中だけは、自分でコントロール出来る。

心が高まる音楽と香りで、空間を浄化し美しく整える。

ハイヒールエクササイズを通して、心と身体を整える。



そして、本日のasami先生のプレタポルテのレッスン前に、仰った言葉。



「自分のリズムが崩されないよう、そこは徹底しています。

 絶対に慌てたりしない。心が引っ張られてしまわないように。」



これも、自分でコントロール出来ることであるのに、

今まで私は出来ないもの、と何処かで思い込んでいた。

急いで事を終わらせようとしたり、早く片付けたいと思うあまり

焦ったり、慌てていた自分。 

育児や家事をやっている以上は仕方のない事もあると思うけれど

それを言い訳にしてばかりだと、いつまでも私は目標にたどり着けない。

手放すことや、次回に回す、という選択はなかった自分。

その結果、心を込められない時の過ごし方ばかりをしていた。


どのように自分は時と向き合うのか。

この週末、じっくりと見つめてみたいと思います。


感謝を込めて。   凜~ Les Caprices ~

2017年10月26日木曜日

リズムと呼吸。




ハイヒールを美しく歩く為の準備として、
身体を柔らかくするストレッチ、素足のエクササイズを行う。

どちらも、日常の呼吸からは一変、ゆっくりとしたリズムで行う。

決して激しい動きではない。

だから、レッスンを受け始めてから、しばらく続けてきた中で、
ゆっくりとしたリズムに慣れず
途中で何故だか、呼吸のペースが乱れて、息が詰まる感覚があった。
体力的な苦しさとは別で、吸って吐く、ということに何か苦しさを感じた。

振り返ると、私の普段の動きが常に慌しく、予定や家事など、
何かに追われている気持ちの為か、早いリズムで過ごしてきたと思う。

その早い呼吸、早いリズムが当たり前になっているところに
ゆっくりとしたリズムで身体を動かすと、
身体がそのスローリズムに慣れていないためか、本当にどのように呼吸を行ってよいか
分からなくなることもあった。


しかしそれも、エクササイズをずっと続けていくと、
少しずつリズムに慣れてきた。

今でも時折、苦しくなると、それは日頃がどれだけ雑に慌しく過ごしてきたか
呼吸が教えてくれているもの、と捉えている。

最近感じるのは、腹筋を引き上げる時に、深く息を吸い込むのですが
その時に空気が鼻から入り、そこから肺を通り、
そのまま空気が脳天を突き抜けてゆく感覚。

そして深く深く吐く。
そうすることで、身体の中が、吸い込んだ空気で洗浄されている気になり
クリアな気持ちになります。


レッスンやエクササイズを終えた時は息を切らして、身体はもちろん疲れていますが
ゆっくりとしたリズム、呼吸が深くなっている状態ですので
物事に対しても、落ち着いて向き合えている。

しかし、日常のリズムがまた慌しくなってしまうと、リズムや呼吸も早くなり、
エレガンスにとって大切な「間」を失ってしまうので、
日々、どのように保つかが、私への課題でもあります。

ゆっくりとしたリズムでエクササイズを行うことが大切な理由は
筋肉を鍛える為に、筋肉に直接負荷をかける為です。

負荷をかけるには、ゆっくりと筋肉を動かすことであり、
そこで初めて深い筋肉が目覚め、少しずつ力をつけていきます。

ゆっくりと脚を上げる、下ろす、腹筋を引き上げた状態など、
全ては筋力をつけるためであり、これを早く行ってしまうと
勢いに乗ってしまい、深いところの筋肉が働いてくれません。
早いスピードで行うと、内側の筋肉を働かせることが出来ず
外側の筋肉を使うことになります。
美しい足のラインを手に入れる為にも、
速さではなく、ゆっくりと行い内側を意識することが大切です。



レッスンでのクライアントの皆様は、最初のエクササイズでは、脚を前に運ぶ時など
どうしてもリズムが早くなってしまうのは、仕方の無いことだと思う。

日々、一生懸命に生きていれば、誰かの為に動いたり、仕事だったりと
何役もこなしてきているのであれば、早いリズムになりがちである。

だからこそ、ハイヒールで歩くとき、エクササイズを通してご自身の身体と向き合う時は

日頃の喧騒や忙しさから、一旦離れた世界で、

ゆっくりとしたリズムの中で、呼吸をし身体を動かし、

ハイヒールで美しく歩く為の筋力をつけて頂く為にも

是非ストレッチとエクササイズでは、スローリズムで行って頂きたいと思っています。

そして、その後にハイヒールでメリハリのある優雅な歩き。
静と動の強弱のリズムを身につけること。

美しさと身体が生まれ変わる瞬間を味わって頂けたらと願います。



感謝を込めて  凜。


2017年10月25日水曜日

赤のネイル。






最近、指先のネイルを少しラメ入りの暗いレッドに変えてみました。

人によっては、ネイルカラーは反応が様々です。

私はいつも深みのある赤のネイルをしています。

カラフルでデコラティブなネイルは、見ているには心がワクワクしますが

いざ自分となると、なにかシックリこないので、いつもワンカラーです。

施してくださるネイリストさんや、他の方たちから、

「赤のネイルは勇気がいるから、気軽に出来ない。」

と言われます。

私からすると、カラフルで個性的なネイルのほうに抵抗感を感じてしまいます。


そして、ある方からは「赤はキャバレーのような印象だから、

あなたの為を思って、それは止めたほうがいいよ」との言葉も聞いた。

特に、子供を持つ母親なら、そして子供の受験を考えると、、などなど。

とても日本的な考え方だと思い、心配してくれる気持ちだけを頂いた。

以前の私なら、赤のネイルにはとても抵抗がありましたが、

慣れてくると、むしろ心地よく感じます。

普段のファッションは黒、白、グレーベージュなどの地味な定番カラーが多いので

赤のネイルは全体の挿し色としても、活躍してくれます。

どのように見られても、自分の気持ちに忠実に生きる。

外見でその人個人を判断されるのは、他国に比べてこの国の強い特徴であるので

これからももしかしたら、色んな目で見られるかもしれません。

しかし、私は自分のスタイルを貫くつもりです。


感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~


2017年10月24日火曜日

心を整えるために。





先週は通常よりも、仕事する日が多くあったり、

子供の用事や車の点検の為に出掛けたりと、

瞬く間に過ぎていった。

両立は難しくある中で、見えてくるもの。

それは、自分の心を整えることが、ハイヒールレッスンには最重要であること。

もちろん、技術的なことも大切ですが、

自分の日々の心の在り方や、エネルギー状態がどのようなものか

ここを大切に毎日を生きていかなくてはならない。

忙しくて、最も大切なことが行えないジレンマ、その蓄積される思いは怖いものです。

何を手放すか、拒否するか、選択するか。

人生で大切なことが明確であれば、忠実に生きるのであれば

私は冷酷と思われても、良いと思っています。


今日は台風の影響で、急遽レッスンは延期とさせて頂き、オフを頂いた。

そこで、今までその光景を見ては、苦しくて目を瞑っていた、子供部屋を一掃した。

ついでに自分のデスク周りも、今後の仕事や生き方をクリアにする為に

一から片付けをした。

まずは、自分の生きる空間をクリアに、美しくする。

それから、花を活けて大好きなを部屋に流す。

魂が蘇っている。




明日からまた再び、仕事ですが

ハイヒールで正しく歩き通勤すること、

長時間のデスクワーク中でも、身体の正しいポジションをキープし続けることで

私は常にハイヒールの哲学と共に生きていきます。


愛を込めて。   凜~ Les Caprices ~





2017年10月16日月曜日

成熟するとは。




「ハイヒールの哲学」を学ぶ特訓を終えて、早、3ヶ月が経ちます。

その期間には、沢山の感情を味わい、チャレンジし、挫折し

多くの方の愛や思いによって、気持ちを取り戻したり

濃厚な半年間を体験させて頂きました。

それからフランスへとオートクチュールレッスンの為に、ヴァカンスへ出掛け

終わるとすぐに新学期が始まり、かわらぬ日常が始まった。

相変わらず多忙なことには変わりないが

以前より、じっくりと見据える時間も増え、それと同時に、新たな課題も見えてきた。

偶然、asami先生とお話させて頂いたときに

ー成熟した女性とは。    というテーマに触れた。

その場ですぐに口から答えが出てこない。

しかし、自分に欠けていて、それでいて今まで避けてきた部分でもあり

今回、このことについて考えてみた。

世の中には、沢山の定義があります。

インターネットで調べてみると、すぐにあらゆる回答が出てきます。

ですので、敢えてここには記しませんが、

私はこのことを自分への最大の課題として、自分への薬として

書かせて頂きたいと思います。

誰しも、身体や生殖機能は個人差はありますが、何も意識しなくても成熟します。

しかし、精神の成熟は、親からの躾、教育環境、
出会う人たちや、出会う本や映画などの文学的なもの、音楽などの芸術
スポーツや趣味によって、とても影響されると思います。

何よりも、それらを通して自分からどう汲み取り、自分の中で消化吸収してきたか。

そして、自分の言葉や行動に責任が取れる人。ここが成熟と未熟の大きな相違点。

苦楽の経験を積んでこそ、人間としても精神が養われるものではないかと思います。

大人なのに、子供っぽい人。
まだ子供なのに、大人っぽい顔つきの人。

それは年齢に関係なく、どう生きて感じ、思考してきたか、責任を自分で取ってきたか。
それが反映されるのが表情ですね。


濃く深く、様々な人生を生きてきた果てに、精神が熟すのだと思います。


そして、受け売りではなく、経験や体験を通じての自分なりの考えが確立している。

そのような人は自分が分かっているし、軸が太いので、

周りからの言葉に動じることなく、どっしりと構えている。

器量の広さもここに通じるものがあるのだと思います。

器が広いので、自分にも他の人にも、愛を注ぐことが自然と出来る。


私自身は、一喜一憂する傾向にありますので、

今、綴った事柄からは、ほど遠い精神の持ち主ですが

ハイヒールの哲学を通じて、様々な経験をさせて頂いたことは

真の成熟した女性になるという目標に近づくために

とても必要なことであり、これからも続いていくことです。


日々の中で、時にエネルギーが奪われることもある。

プラスより、マイナスな気持ちを抱くこともある。

しかし、自分の考えや軸がしっかりとあれば、
自分の世界観(愛するもの、好きなこと)があれば
はね反すことも出来る。


未だ発展途上の私ですが、積み上げていくしか方法は無いと分かっているので

これからもハイヒールとともに、真の成熟した女性を目指して参ります。



感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~




2017年10月13日金曜日

向き合う。





忙しさに飲み込まれてしまうと、本来の志しを失いかけてしまう。

両立は簡単にはいきませんが、

自分の心の声にはしっかりと耳を傾け、

内なる思いや心に響く言葉は、しっかりとメモに残している。

自分と向き合うことなくして、

自分と戦うことなくして、

成長は出来ない。

新たに頂いた、ある課題についてのテーマが

とても私には大きくて、未だにまとまらない。

明日は仕事も休み。

しっかりと向き合い、見出してみる。


感謝を込めて  凜。

2017年10月8日日曜日

追い求める。





今週の月曜は、モニターレッスンを受けられた方の初回のハイヒールレッスンでした。

佐賀県の唐津より、数ヶ月ぶりにお見えになられたこちらの女性は

美しい素敵なハイヒールを手に、レッスンに挑まれました。

とても瑞々しい、エレガンスな姿に、見惚れてしまいます。


レッスンでは足の甲を反すことを、何度も繰り返し、

ゆっくりと脚を前に運ぶリズムを身体の感覚として身につけて頂きたく、

私はしつこい位に、脚に触れさせて頂きました。

最初の基礎の段階は、本当にしんどく感じられることだと思います。

私の場合は、今でも息切れしながら、悪戦苦闘が続いておりますが

それでも、美しくハイヒールを履きこなしたい。

軸のあるブレない自分でありたい。

様々な思いが後押しとなって、皆様もきっと日々ハイヒールを通じて

自分と向き合っているのだろうと思います。


何度も申し上げておりますが、

美しさとは、自ら挑む姿にこそ、強さと共に存在するのだと思います。


今週に受けたプレタポルテのレッスンでは、

自分はまだまだ日常の身体の癖が抜けておらず

デコルテを最大限に意識しなければ、腹筋が落ち、

身体が左右どちらかに引っ張られてしまっていた。

ですので、家での過ごし方、職場での身体の使い方、椅子に座ったとき

台所に立つとき、廊下を歩くとき、部屋に入るとき。

様々なシーンで、いえ、起きている間は常にデコルテと腹筋に意識を運び

いろんな自分と格闘するような1週間でした。

そこには、時間に追われる、という罠があるから。

時間管理と先を見通す目。

ここがまだ弱いのだと、自分を思い知らされた。


まだまだ自分革命の真っ只中。

もがきながらも、やはり私は諦めることはなく、

ハイヒールの哲学をさらに深く、真の美しさを追い続けます。


感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~


2017年10月2日月曜日

自ら掴みに行く。





先日、体験レッスンで出会った素敵な女性。

3歳の男の子を子育て中の方で

この日は、お子様をご自宅に預けられて、レッスンにお見えになりました。

子育ての時期は、たとえチャレンジしたい気持ちはあっても、

なかなか難しいものです。

しかし、やろうという思いが強ければ、行動に移し

実行実現できることもある、とハイヒールの哲学を学んで実感していたので

このように、子育て中でも

ハイヒールを美しく歩くという意志のある女性に出会えたことは

心から嬉しかった。

レッスン中では、真剣にご自分と向き合われ、

こちらも時間が足りない程、あっという間でした。

レッスンが終わった後、お聞きしたフランス・バスク地方のお話に

私も心が躍り、とても有意義な時間となりました。

その後の頂いたメールでも、熱心に習ったエクササイズのことを

しっかりとまとめられ、感想も頂き、

まだまだ駆け出しの私にとって、今回もとても貴重な経験となりました。


女性は、幾つになっても美しさを自分の力で掴み取る。

その姿こそが、強く美しいものだと感じずにはいられません。

やるべきことが多い状況だからこそ、

明確に自分に必要なものを洗い出し、あとは一直線。

日々、反省と学びですが、だからこそ、生きている実感があります。



感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~










揺るがずに歩く。

週末、家族と一緒に出掛けました。 子供と一緒での外出は、マイペースで歩けない状況もあるため 予め、時間に余裕を持って出発し、私は早くは歩けません。 と最初に伝えておきます。 最初は、周りが自分のハイヒールで歩く早さに合わせてもらうことに 全く...