2018年12月27日木曜日

美しさと緊張感




早朝、眠気を引きづりながら、窓を開けると
冷たい空気で眠気が引いてゆく。
この引き締まっていゆく感覚。

この感覚が、緊張感と似ている。

いつまでも緩く快適な状態に居たいのは、人間誰しもの心理欲望。

しかし、これも長く続けると楽なため
身体や心に、そして姿見にジワジワと出る。

生活感溢れた、冴えない姿、ボヤけた表情。
以前の私がそうだった。


ハイヒールの哲学の扉を開き、2年以上が経過。
師匠からの愛ある叱咤激励、そして美しい同志やクライアントの刺激のお陰で
試行錯誤で今の自分がある。


美しい緊張感を纏う為に
日々、気をつけていることが、身体を正す姿勢。
手先やデコルテ、頭を前にもたげない意識。
何を纏うか、選ぶ時の妥協のない姿勢。


そして、変化すること。
これが私にとり、1番の盲点でもある。
だから今回は髪の色を変えたり、洋服も違うカラーに挑戦。


一般的に人からの視線を浴びることがないと
緊張感は育ちにくい。

敢えて、美しい人に会いに行くことも必要なのである。
それは場所もそうである。
ファミレスではなく、敢えてホテルのカフェや美しく設えた空間へ足を運ぶ。

これもまた、それに見合った自分になりたくて
緊張感と共に自分を養える。


しかし我が身に染み込ませる為には
家に居ても、誰にも会わなくても
家の中で緊張感を養うことこそ
本当のエレガンス、美しさを狙える。


しかし今年の冬の自分といえば、気を付けていても
まだまだ無意識で
落とし穴に落ちていた。

例えば、洋服を多く着込んでしまっていたこと。

ミニスカートやワンピースで女性らしくありたい気持ちを
表現しているが
寒さに勝てず、ニットやカーディガンなど上から何枚も羽織っていた。
重たい自分が出来上がっており、気持ちも内側に籠っていた。


今、ここで綴る時点では緊張感を放っているが
意識が抜けると、
美しさから自分が離れてしまってゆく。
自然に呼吸するように、意識が固定するまで続けていく。


「美しさに緊張感は絶対に必須」 今では分かる。

それは懐かしい記憶が蘇ってきたから。

昔、学生時代、美しい友人がいた。
彼女は他とは違う、特別な美しさを放っていた。


何が違うのだろ、、、と側で首を傾げながら
お付き合いさせて頂くこと20年以上。

なぜ、彼女は決して色褪せず、40代後半になっても
美しく周りを魅了するのか。


それは内側から醸し出す「緊張感」が正体。


自分がハイヒールの哲学を知り、やっと分かった。


昔、彼女の彼氏が私に話した言葉が、今でも忘れられない。

「普通、自分はお付き合いを始めて2、3年立つと、馴れ合いも出るし
この関係に飽きも感じるが、彼女にはそれがない。
いつまでも、彼女の鼓動を聞いていたい。」


そう、彼女にはこちらが背筋を伸ばすほどの
美しい緊張感が漂っていた。


姿勢、眼差し、深みのある表情、語る口調。
全て意識の入った、緊張感が成すもの。

今思えば、男性だけでなく、私も魅了されていた。

若くあることも美しさの一つだが、
それも一つの要因に過ぎない。


内面から滲み出る美しさを掴む為に
身体の軸を生み出し、引き締まった身体と心で
常に緊張感のある美しさを目指していきたい。




沢山の愛と感謝を込めて  Les Caprices・凜



2018年12月21日金曜日

クライアントへの愛






昨日受けた、プレタポルテレッスン
師匠より、意外にもお褒めの言葉を久しぶりに受け
内心、嬉しくもホッとした。
(しかし今後の課題も多く頂いた)


実は先週末の土日は、エクササイズをしていなかった為
その分、月曜日から
「さあ、取り戻そう」と、いつものように
腰に手を当て、フラミンゴ立ちをしたその足。
床から足を離した途端、身体が傾き、思うように軸が取れない


愕然とし、それから何度も何度も
足を運ぶエクササイズを繰り返す


数日間、エクササイズを怠った故、筋肉が思っていた以上に落ちていた

改めて、コツコツ行うエクササイズの重要性を体で感じた


火曜日以降は
身体の感覚や軸を取り戻すことに、時間をかけた
そして本番の木曜日。
半分、軸は大丈夫だろうか。という気持ちで臨んでいたので
思いがけない師匠の
「前回よりも良いです。 身体からエネルギーの強さを感じます」 
との言葉が、私を照らしてくださった。


師匠の厳しくも深い愛


指導レベルは到底、及ばないが
クライアントへの愛は、同じだ


日々のハイヒールエクササイズ
ハイヒールレッスン
エクササイズ以外での、日常の動作と保つ姿勢
自分の思考
選ぶ装い、ヘアメイク、姿勢


全ては自分の為でもあり、愛するクライアントの為


ハイヒールコーチとしてのスキルアップと同じくらい
今の私は内・外共に
これからも歩みを止めることはない。


クライアントの方々は、懸命に「今」を生きている
その中で、試行錯誤でハイヒールエクササイズを
日々の時間に取り入れている

その熱意が、創意工夫が
私の心を熱くさせる


私を成長させてくれるもの。
それは、師匠と美しき同士の生き様
そして
クライアントが私にくださる思いとメッセージ
私からクライアントへの愛




その愛を体現してゆくことが
今の私の使命である





溢れる愛と感謝を込めて  Les Caprices ・凜





2018年12月13日木曜日

新たなる内面と外面の改革




寒さが厳しいこの季節、特に意識しているデコルテの開き。


先日とあるお店の鏡に映る自分の横向き姿を見て、立ちすくんだ。
意識しているはずの肩が、内に入り、顔も前に突き出た状態に。
それはもう、疲れた雰囲気を漂わせた、痛い姿の自分だった。

そんな自分に肩を落としたが
それが奮発材となり
早速、翌日のエクササイズでは、デコルテを全開に広げて集中。
その為、翌朝は背中の筋肉痛と共に、朝が来た。

これから続く冬のシーズン
昨年以上にデコルテの監視はしていかなくてはならない。


デコルテの意識に続き
今また、自分と向き合う日々が続きます。


これまで自分は人から「優しそう」という言葉をもらっていたが
本心は、求めていない。


これまでは、優しいですね、と言われると
脳が勝手に今までの自動作業で、「ありがたいことだ」と思っていたが
本心は違っているから、何か心に引っかかっていた。


これは自己責任です。
そういった雰囲気を出していたのは、これまでの自分ですし
争いたくない、疲れたくない、ということで
本心をオブラートで包んできた
故、このような結果です


この違和感に対して、無視していた
この放置期間が長かっただけに、深い根っことして
私の中で残っていた。 
私の心の庭に、根を張る厄介な雑草のように。


その除草作業として、
自分が外部からの刺激に対して、他人と意見を交わして
何か違和感を感じたら、そこをまずはキャッチする。
意見を飲み込んでしまったら、そこに気づくこと。


それに対して、イエスーかノーか、どちらか意思表示する
そこに、理由を乗せて、自分の内側を出す


心のオブラートを何枚、取り剥がすことができるか。

自分の気持ちはどうなのか。

秩序をエレガンスを持って、反論する



加えて外面も更に変えてみた

目から気持ちを表現すること。
この瞳から滲み出るものは、内面の意思と感情である


師匠のアドヴァイスの元
自分の内面を、そして個性を打ち出すために
メイクを改めてみた
やはり「make up」は女性に与えられた特権である


早速、自分の気持ちに合う、いや、高めてくれるメイクを求め
広いコスメコーナーに出向いた
この色も良い、このルージュも。と、あれこれ迷い
時間をかけて選んだメイク
今までよりもっと強い赤の口紅やポイントメイクにより
気持ちまで引き締まる


メイクは他人様への敬意を込めて施すことと
自分を大事に、愛するためにするものだと思う


誰にも会わないから、もうメイクする必要がないから
と、美しくあることから遠のくと
その波動は更に自分の美意識を下げてしまっている
このことに、今回のセッションで気付かされた


夜、食事が終わり、気が緩みそうになっても
化粧を落とす直前までは紅をひき、お化粧をし、美しさを保つ意識。


小さなことですが
この積み重ねは、美意識を育てる上で大切であると思う。



未だ改革中の自分ですが、女性は年齢に関係なく
何歳でも女性性を呼び覚ますことは出来る。

ハイヒールで美しく生きるためにまだ出来ることはある。
そう、改めて実感しています。



沢山の愛と感謝を込めて  Les Caprices・凜






2018年12月11日火曜日

崇高なエネルギーに触れること





先日のAsami-Parisセミナーと
今回のAsami-Parisコース
濃密なお話をお聞きし、自分の中で何かが弾ける気持ちを感じた。


セミナーの感想を今更ながら、お伝えさせて頂きますが
セミナーでは、師匠の我武者羅に
一つのことを真剣に生き抜く様は
一冊の本を読む以上に、深い価値があります。


ご本人の生の声で、こちらへダイレクトに届くのだから
魂が震えないわけがない

崇高なエネルギーに触れることは
美しく生きるために、なくてはならない


自分の甘さを痛感、そして出来ることがまだまだある。
仕事は愛が大前提であり、それが周りへと循環されるもの
果たして自分はそれをなし得ているだろうか
もっともっと出来ることがある


最近の自分は、年末の大掃除や新年に向けて、様々なやるべきことがあるが
美学を深めるために、仕事の質を上げるために
行動に移している
成果のほどをいずれはご報告できるよう、やるだけです


前回のAsami-Parisコースでは、更なる自分の心に潜む ”悪癖”を見つけた
一言に、心の修行中


日常を優雅に生きる訓練も、未だトライアンドエラー
そんな中で今回の課題も、長年の思考癖のため難題です
でも。


世間では、世界では、いろんな深刻な問題が起こる中で
「学べる・体験できる」という機会がなんとありがたいことか




今日はまとまりの無いブログとなりましたが
来年、新しくスタートする世界のためにも
今、ここで集中したいと思います。






沢山の愛と感謝を込めて  Les Caprices・凜



2018年12月6日木曜日

この一週間の変化





先日、Asami-Parisコースを受講し
脳のコントロールについて
意識と脳は区別して働かせる、という
自分には全く未知の世界を知ることが出来た


早速、日常生活へと試してみた
私の場合は、簡単には通じない子供という大物相手が
目の前におります


中学1年生男子、反抗期の扉は既に開かれており
全くこちらの気持ちが届かず、無念な思いもあったりもしますが
反抗期は成長の証、とも言います
日々の反抗は仕方がない、自分もそうだったからと
いい意味の諦めもある


それでも人間なので、私も気持ちの限界を超えることもある
まして兄妹喧嘩が激化すると、それはもう
もう一人の私が吠えることもある


人は外部からの刺激(言葉や行動)によって気持ちが変化する
これは、催眠術にかかっている状態と同じ心理状態なのです


今回知った 「人は365日、催眠術にかかっている」という法則
外部の刺激により催眠術にかかることもあれば
逆に、自分で自分に催眠術を解くことも出来るのです

それは、意識で自分の脳をコントロールすること


そこで今回、この「人は365日、催眠術にかかっている」という
法則を用い、自分の心にワンクッション、置いてみた
すると普段なら、心拍数が一気に上がりそうな出来事でも
グッと抑えることが出来た


言葉の魔法とでもいうのか
自分にブレーキをかけられる言葉を見つけることが、大きな鍵です


自分の感情を心を、不本意なことへ引きずられないよう
これが私の最近のテーマでもあります


人間ですので、プラスな感情ばかりではなく
生きていると嬉しいことばかりでもありませんが
日常で人様から恩を受けたり
愛を受け取っています
闇ではなく、この光を見る努力が今の私には必要で
そこをこのコースで、鍛えて頂いております。


願いを叶えるために、頭の中で理想をイメージする。
とは、よく巷で聞く話です
実際行うと、いやはや漠然とし過ぎており
師匠からもグッと掘り下げるよう、ご指摘や愛を受け取り
今もその作業に奮闘しています。


ここ一週間は、気持ちの切り替えに敏感になれたこと
また、嫌な感情が芽生えると、
そこで意識することで、もう一人の自分が渦中の自分を
外から眺めている感覚を得たこと
これらが、自分に少しづつ浸透し始めました


これは誰しもができることであり
時間さえあれば、やるという意思さえあれば可能です。
まだ自分は未完成な段階ですので、
もっと繰り返し、意識や脳のコントロールが上手くなれば
皆様にも何らかの形でご報告をさせて頂きたいと思います。


ハイヒールのみならず、自身の未熟ゆえ、心の修行はまだまだ続きますが
沢山の方々の愛と思いやりに
心が震えるほどの感謝を感じています。







ありがとうございます。  愛を込めて  L es Caprice・凜






美しく、セクシーであるために

私は、女性として生まれてきたからには 美しくありたいし、セクシーでありたい。  今なら、正直に答えます。 ハイヒールの扉を開く前は、恥ずかしくて このように思うことすら、躊躇っていた。 「何故セクシーでいられるのですか?」 と、もしも仮に尋ねられた...