2018年2月28日水曜日

自分を裏切らない。






自分で自分を信じること。  時に、これが出来ないこともある。

言葉は簡単だけど、これが土壇場の時、誰かと比較する時

自分を信じきれない、確信が持てない時もある。

どうしたらよいのか。

自分が自分を裏切らない生き方を選べば

そこから自分を信じられる気がする。

自信のなさから、心が不安定に、文字通り不安に包まれることもある。

何度失敗してもいい。失敗から、得られることのほうが多いから。

自分を信用できずして、他人を心底信用していけるのか。


自信が欲しいとき。

自分の心にだけは、嘘をつかず

恥ずかしいことも惨めな気持ちも、劣等感も全部

心が痛むけど、認めて受けとめる。

そこから客観的に自分を見つめると、段々と心が開けてくる。

自信を得る方法は、他にもあると思う。

まず心に問うたのは、自分が自分を信じられるように

自分の心に聞き、自分が自分を裏切らない生き方。

自分にだけは誠実になる。

そうやって、相手にも本当に誠実になれる。


愛と感謝を込めて。   Les Caprices ・ 凜



2018年2月27日火曜日

本来の自分を蘇らせてくれるもの。







一日の終わり、家事も済ませ、子供も寝静まったあと、

本当に今日という日を締めくくるための時間がくる。

今日は久しぶりの電話業務で、思い出したあの疲労感を

どうにか私の世界から払拭したく、試行錯誤。


五感にひとつひとつ、心地良いものを与える。

一輪のラナンキュラスを眺め、香りをまとい、心に音楽を聴き 無になる。

これでかなり癒され、本来の感覚が蘇る。

どんなに疲れいても、魂が蘇るあの街角、光、人々

そして空気感を思い出すだけで、エネルギーが底から湧き出る。

優しさとは離れて、鬼と化すると決めたこの言葉もまた

私を呼び覚ましてくれる。




感謝と愛を込めて。        凜 ~ Les Caprices ~


2018年2月26日月曜日

自己追求。






昨年の夏、念願のオートクチュールレッスンを受けたことを

エクササイズをしながら、思い出した。

それは、私が背中への意識が甘い、と今日は感じたから。

背中が後ろに倒れてしまって、反り腰になっていたことに気付き

オートクチュールの時に、一番に修正して頂いた、あの感覚を思い出した。

自分では、背中が反っていることに全く気付かずにいたから。


レッスン後に頂いた、上記写真のシャンパンは、

目が覚めるほど、爽快で深い味。

人の体温や、手から伝わる気、エネルギーとは色褪せないものだと

オートクチュールレッスンで実感した。

たった一度のオートクチュールレッスンなのに。

あの時の実際に手が触れた感覚は

asami先生の高いエネルギーは、今でも私の背中に残っている。





来月から始まる、プレタポルテレッスンでは、

直接、身体に触れることが出来ず

この「生」の感覚をクライアントの方へ、お届けできないが

それを補うほどのエネルギーを届け、体感して頂かなければならない。

それほど、自分の声と目を最大限に使い、

クライアントの方の動きに集中し、的確な判断が出来るよう

先ずは自分のエクササイズ動画で更に動きを見ていく必要がある。

早速、エクササイズの後、自分の動画を見てみると、細かいところがとても気になる。

例えば、最後の最後での着地する瞬間。ブレがあり、美しくない。

やっている時は、きちんと着地したつもりが、客観的に見るとスパっと決まっていない。

asami先生なら、もっと修正が飛んできそうな、まだまだ自己分析のし甲斐があります。

明日からも、引き続き自分の動きを見ていく必要があり

また新たな発見をここでも書き出してみようと思います。

自己追求は永遠に続く。

感謝を込めて。   凜。

2018年2月25日日曜日

何気ない今日という日。






小雨が降り続いた静かな日曜日。

子供達を拳法教室へ送ったり、食事を用意したり

午後からは子供の友達が遊びに来たり、合間にエクササイズに取り組み、

あっという間に、そして平穏に終わった。

振り返れば沢山の優しさ、愛情が残る。


先週金曜日、マスクをして授業参観に行き、そこで会った友達が

今朝、気遣いのメールをくれたこと。

主人が手作りピザに野菜スープを作ってくれたこと。(本当に助かったのです)

「疲れた~」と、思わず口に出したら、手を揉んでくれる子供。


支えられて生きている。

生きていれば落ち込むこと、、府におちないこと、心が曇ること、いろんな事が起こりますが、

心があたたまることが色濃く残る今日。

人生を愛おしく感じられた。



感謝と愛を込めて。        凜 ~ Les Caprices ~



















2018年2月24日土曜日

愛車の中で。






最近、車の中で「声の哲学」を練習することが多くなりました。

家で集中することが一番ですが、行なっている最中に電話が入ったり、

私が声を張り上げると、返って子供達が反応するから集中が途切れたりと

なかなか難しいこともあります。

本当に周囲を気にせずに、大音量で声を出せるのは、私の愛車の中がぴったりです。

もちろん、安全運転が最優先。

信号付近、左折右折時は止め、直進で車間距離に余裕があるとき。

行き慣れた職場やスーパーなど、決まった場所へ向かうときは

エクササイズを何方かに向かって話すように、思いっきり声を出している。


今日は、買い物へ行く車内の道中、

先日行なったプレタポルテプレレッスンの訂正箇所を繰り返した。

ハイヒールの哲学の理論を理解出来ていても、

それを順序だてて分かりやすく

相手に説明することが、完璧なものとなっていない。

来月早々にもスターとするプレタポルテを前に、

今回のモニターレッスンで、つくづく感じた反省点でもあるので、

これも追い込まれた末の苦肉の策です。

私は本当に要領よく出来るタイプではないので

利用できる時間に少しでも身体と頭を使わないと、すぐに抜けてしまう。

納得のいく出来栄えで終わりませんでしたが、

明らかにメンタルが違う。 どっしりと落ち着いている。



決して発する声が、ふわふわとした高音にならないよう、意識し

腹筋を使い、「あ、い、え」の母音の言葉を特に口を縦にして発すること。

伝えたい大切なフレーズはあえて、低く発すること。

このように自分に集中するだけで、気持ちが引き締まり

表情が変わるのも、自分で見えなくて感じられるのです。

是非、試して頂きたい、声のオーラの出し方です。




愛と感謝を込めて。                         凜 ~ Les Caprices ~



2018年2月23日金曜日

私の新たな目標。





風邪をひいてしまい、2日間パートの仕事もお休みを頂きました。

少しずつ動けるようになり、意識もはっきりしてきた中

以前のブログにもあったように、客観的に立ち姿を見ることが大切、という意識が芽生え

何も気にせず、久しぶりに鏡の前で、ハイヒールを履いて立ちました。

が、自分の悲惨な姿に倒れそうな程、愕然。

たった2日間少量しか食べなかっただけで、自分の身体がこんなに痩せてしまい

せっかくの美しいルブタンのハイヒールに不似合いな、ガリガリの脚。

2日間、エクササイズを怠った筋肉低下も感じられます。

身震いがして、とっさにお粥を食べていました。それくらい切羽詰った気持ち。

私が目指す美しい身体は、鍛えられた身体に

程よい脂肪と、柔らかさも感じられる肉体。

日本基準の、細い=美 なんていうものは毛頭なく、

マスコミが勝手に作り、商業目的が見え見栄の、痩せていることが美しいなんて

おかしい、とずっと思っていた。

それなのに、こんなに痩せてしまい、見るに耐え難い。

今まで周りの人たちから「痩せてていいね。」と言われ、毎回苦笑いをしていた。

本当の気持ちは、太りたい。

でも、周りはダイエットをしている方々も多く、言いにくい。

というか、伝えてもよいのだが、反感を買うのを恐れて、言わない自分の弱さでもあった。


昔、asami先生から教わった上腕筋と腹筋の筋トレを時々やってみる程度。

これだからいけない。

もう一度、この動画をみて、思考から変えた。

心の奥底では、「もう何十年もこの体型。」と半分は諦めていた。

しかし、そうぼやいてもいられない状況。

せっかくハイヒールで正しく歩けても、このあまりに薄い身体では不似合い過ぎます。

日々のハイヒールエクササイズで筋力を上げることで、身体に厚みを出す。

そして、正しく太れるように食事の摂取方法も今日から意識改革です。

1.ハイヒールエクササイズで筋肉量を増やす 

2.摂取カロリーを増やす

3.胃腸の調子を整える

3の胃腸の調子を整えるために効果のある食材がキャベツ、ということで

早速、作り置きしていたキャベツの糠漬けと、お粥をたくさん咀嚼して頂いた。


夜、エクササイズを行ったときは、2日間寝ていたツケが身体に現れていた。

ピタリと止める動作が止まらず、微妙にブレたりと、軸が入らない。

でも、素足のエクササイズの一番最後に行う、ハイヒールと同じ脚捌きのエクササイズでは

なんとか軸を取り戻せたかのような、段々と身体が締まる感覚が出始めました。

ブレが減り、腹筋と特にヒップの筋肉を意識しながら。

もちろん、「私は肉厚な身体になる」と、唱えながらのエクササイズ。



今回の風邪は、深い意味でとても良い経験でしたが、最後にこんなおまけのような

課題が付いてくるとは、人生はなんてジェットコースターようでしょう。

もしかしたら世の中に、もっと脂肪をつけて女性らしい肉体になりたい方

その上で、適切な筋肉をつけ、軸のある身体で颯爽とハイヒールを歩きたい。

そう願っている女性もいるかもしれません。

いつか、そんな方の光となれるよう、これも新たな私の目標です。


これからは、「ハイヒールを美しく歩く」ことに加えて、

「ハイヒールをゴージャスな身体で美しく歩く」ことに変更し、イメージングしながら

エクササイズに励みたいと思います。



愛と感謝を込めて。                         凜 ~ Les Caprices ~

2018年2月22日木曜日

美しい女性との再会。






やっとお会いできた素敵な女性。

唐津から、久しぶりにレッスンにお越しになられました。

佐賀県唐津市でご主人様と素敵なpaletteパレットという美容室を営んでいらっしゃる女性です。

日々、女性を美しくするお仕事をされていらっしゃる方なので

その姿は美しく、しかし、外見だけではなく、その美しさは彼女の心の在り方、そして生き様。


まだ出会って半年ほどで、このような事を申し上げるのは恐縮ですが

私がこのクライアントのブログからも感じる、お客様への美と健康、幸せを第一に考え、

そして行動するその姿に、私は心から尊敬の念を抱いています。


久しぶりのレッスンということで

懸命にエクササイズに付いてきてくださることに、終始、胸を打たれました。

日頃から、ヨガで鍛えられているだけあって、身体の柔軟性があり、

筋肉量もある方でしたので、ひとつのエクササイズの終わり頃には

指示の通りに足の甲の向き、フォームを掴んで頂けました。

九州にも幾つかウォーキングレッスンはありますが

その中でも、このAsami Parisの門下生 Les Caprices を選んでいただき

感謝と共に、自ら美しさを掴みに、真剣にレッスンに挑まれた姿そのものに、私は感動します。

レッスンの後、クライアントの方から、愛のこもったメッセージを頂き

本当に熱心さを感じ、感謝しかありません。



私自身も昔そうでしたが、ハイヒールの扉を叩く前の、普段の歩き

特にフラットシューズでは何も意識せず、

私達は大またで、足を前に運んで歩いてしまいます。

もちろん、歩き方の授業も無かったですし、皆様日々、一生懸命に忙しく生きている。

自然と気持ちまで、その忙しいリズムに乗り、前脚が大またに、

歩幅が出過ぎていることにさえ、気付くのは難しいかと思います。


しかし、ハイヒールで歩く際、この歩く幅が広いと、身体への悪影響、特に腰痛を引き起こします。

歩幅が出過ぎると、腰が反り、その状態が続くと、腰を痛める原因となります。

また、体重が拇指球に乗りにくくなる為、体重が外側へと流れる為

脚の外側の筋肉が発達し、それが続くと、O脚などの脚のラインへ。

このような負を防ぐ為にも、正しい歩き方を知って頂きたいと切に願います。

また、フラットシューズでは、自分の体重が今、どこに乗っているのかさえ気付けません。

腹筋や背筋、膝の力、ヒップの筋肉を意識して動かさなくても歩けること。

このようにフラットシューズは敏感に感じることが難しいため、楽ではありますが

私のように腰痛が治ることはありません。

それは以前私がジョギングにはまり、続けていたが、

年に一度はぎっくり腰を起こしていた経験があるからです。

原因は普段の姿勢が悪かったこと、腹筋と背筋を全く使わずに歩いていたこと。

もちろん、膝を曲げて足を着地していたので、体重が体の後方に負荷としてかかり

腰がその負担を背負っていたこと。

更に、骨盤を平行にして歩くことなんて、全く知りもせず

骨盤が前のめりの状態で足を前に運んでいた。 脚だけで歩いていたからです。

その習慣の積み重ねが、何度も腰痛を引き起こしていました。



ハイヒールの哲学に出会い、美しさを感じると同時に身体の仕組みを知る面白さ。

また、美の観点からすると、申し上げるまでもないですが

ハイヒールは女性心を一気に芽生えさせてくれます。

また、歩幅が出過ぎることと、足早になることは、エレガンスを奪うことにもなります。

ハイヒールで正しく歩くと、決して早足になれないので、

自然と優雅な気持ちも芽生えるので、これも時間配分を考慮しての準備が必要。

こんな私でも日々、この忙しさと時間との勝負で、時に負けることも多々あります。

せめて自宅で過ごす時、エクササイズの時だけは、ゆったりとしたリズムと

丁寧に足を運ぶことで、歩幅が出過ぎないよう意識をし、自分と向き合い

本来の自分を取り戻しています。


最後に、健康にも詳しく、特に食に関して意識の高いこの素敵なクライアントの方から

教えていただいたこと。

ごま塩、味噌汁、玄米。

この3食で日本人の栄養はほぼ充分であるそうです。

そしてなんと、「ひしおの糀」という発酵食材をお土産に頂きました。





早速、私もお醤油と混ぜて、身体の中から健康を目指してみようと思います。

西洋でも、チーズやワイン(世界で最も古い発酵食品)など、発酵食品は

美味しさと健康面からも、ずっと昔から愛されていますね。


ここ最近の出来事で、様々な出来事がありましたが

私は本当に、いろんな方からの愛を頂き、支えられている。

この恩をお返しすべく、生きていく。 これが今の私の使命です。


感謝と愛を込めて。        凜 ~ Les Caprices ~



2018年2月20日火曜日

久しぶりの実技への緊張感。





プレタポルテ、モニターレッスン。

asami先生を前に、果たしてエクササイズや説明が出来るのだろうか?

不安を取り去るべく、私は何度もパソコン画面の前に立ち

繰り返し、自分の動画を取り続けた。

普段の自宅で行なうハイヒールレッスン通りにすればいい。

そう思っていたが、初めて自分の録画をみて、ショックでした。

まず、顔の表情も動きも、ぎこちない。声が異様に高いし、薄っぺらい。

これでは、相手に逆に不安感と、緊張感を与えてしまいそう。

そして何度もやり直しては、納得することはなく、首を横に振るばかり。

気付けば、10回以上の動画が溜まっていた。

父の見舞いに行く時間がせまり、一旦気持ちを切り替え、外へ。

しかし、車内でもずっとエクササイズの台詞を唱え、あっと言う間に到着。

帰宅後もパソコンに前に立ち、ハイヒールを履いて伝える練習。

段々と、時計をチラチラ見る回数も、水分補給の数も増え、ソワソワしていた。


前回のプレタポルテの説明のとき、asami先生が

「自分で思っている以上に、声を出すこと。 声の哲学を特に意識すること。」

この言葉が、ずーっと頭をよぎった。


そして、いよいよ本番の時。 昨年のエクササイズ実技編を思い出した。

始まってしまったら、あとは無我夢中。

緊張はしますが、自分の気持ちが集中すると共に、美しいasami先生にうっとりしながらも

集中力が途切れないよう、画面に食いつく。

画面越しでは、左右の身体のパーツは反対に見えるので

声で人を動かす時に、伝え間違えないよう、特に集中した。 

この点は本当に自信が持てなかったので、この感覚に慣れるまではと

練習の時からパソコン画面の上に紙で、右(左側) 左(右側)と目立つように貼り付け

なんとか対策して臨んだ。

終わってみると、あっという間で、多くの反省点や改善点が見つかった。

一番の失敗は、大切な「踵から着地してはいけない」という箇所を飛ばして、

足首と膝を折る理由から、説明が入ってしまっていた。



しかし、予想もしなかった嬉しい言葉も頂けた。

何度も繰り返し自分の動画を録画観察したことで、自分の声の質も変わったのか

asami先生から「一人でエクササイズするよりも、

凄く身体の筋肉に入りやすかったので、それには驚きました。」 と、

私のほうが驚いて、画面の前で固まってしまった。

声に自信がなかった分、驚きと嬉しさで溢れ

なんとか無事に本日のプレタポルテ・プレレッスンが終了した。

今回のことを振り返ると、あることを繰り返し深く掘り下げることで

超えられなかった壁が一段でも越えられるという事実。


皆、自分の声や姿、動作、表情を客観的に観察することは、なかなか難しい。

自分を見るとショックを受けるだろうと、何処かで感じているので、避けてしまう。

私もそうであったから。

でも、今、を変えたいのなら、美しさを手に入れたいのなら、そこを直視することから。

今後は、この貴重なアドヴァイスや経験を糧に、プレタポルテに更に磨きを掛けていきたい。


愛を込めて。    凜 ~ Les Caprices ~
  





2018年2月19日月曜日

愛によって生かされる。





人生で何を大事に思って生きていきたいか。

と、問われて、これまで「愛と感謝の気持ち」

と答えてきた。

それは今でも変わらないけれど、自分の中で何か不実な気もしていた。

それは、自分の信念としていながら、

普段の生活の中で、忙しくなる中で、その意識が飛ぶことがあるからです。

主人との口論、子供達が(当たり前ですが)見事に期待はずれな行動をする時。

仕事で思うように成果が上げられない時。

家事育児と、自分がやりたい事の両立が取れない時。

職場で理不尽な言葉を耳にする時。

自分のエゴが生まれる時。

人間、生きていれば上手く事が運ばないこともある中で、

時折、負の感情を持つこともあります。

それでも、捨てる神あれば拾う神あり、の言葉の通り

あの時、そっと声を掛けてくれた人の優しさや行動に感動したこと。

愛を持って、ストレートに厳しい言葉を伝えてくれたこと。

自分の傲慢さに気付くこと、愛の欠乏さに気付くことで、

自分はこれからは愛を、大事にしたいと思い直したこと。


弱さ。

これほど怖い敵はいない。

弱くなればなるほど、言い訳の引き出しも増える。

これを跳ね除けられるもの。

明確なヴィジョンや、未来への想像など、解決策は在る中で

今の私には、人から受ける純粋な真っ直ぐな気持ち、愛。

このエネルギーです。

この美しさに、目が覚めるような、これまでの邪気を払拭するほどの

美しいエネルギーを感じます。


人は、私は、やはり愛によって生かされているのだと思う。


愛と感謝を込めて。      凜 ~ Les Caprices ~



2018年2月2日金曜日

自宅のサロン。


福岡市内、自宅にて、ハイヒールレッスンを行っています。

今日はどんな雰囲気か少しですが、ご紹介させて頂きます。

自宅のリビングにて。



 
 
 

 
 
我が家は築30年以上の家を、12年前に購入時に一部リフォームしました。
その間、子供たちと遊んだ楽しい傷
私がうっかり物を落としてしまって出来た傷が
床の所々に、傷跡として残っております。

まさか、ここでハイヒールレッスンを行うなんて、夢にも思わず、
沢山の傷を残してしまいました。

レッスン当日は、床は毎回、綺麗に拭いてから
クライアントの方をお迎えしますが
一部、目に付く傷は、ご容赦くださいませ。。。



隣のダイニングルームです。
レッスン後は、紅茶やハーブティ、コーヒー等を頂きながら
クライアントの方とご一緒させていただいております。

 


 
 レッスン中は、私自身熱が入り、この充実した時間を幸せに感じますが

ここで美しいクライアントの方と、ハイヒールのこと、美しさやフランスのこと等

沢山の実りある話が聞けることも、たまらなく幸せです。





ハイヒールで街を歩くと、女性からの視線を感じます。
特にデパートでは、ご年配の女性から、時折ギョッとしたような
驚きの表情で、私の足元を見つめられます。

きっと寒い時期、殆どの方がブーツスタイルの中
ミニスカートにピンヒールスタイルは、目立ってしまうのかもしれません。
特にルブタンは、圧倒的なオーラを出しているから。

そのことを自覚して、一歩一歩、歩きます。
ご存知のように、つま先からの着地、拇指球への意識
腹筋や背筋、ヒップに膝への意識と、デコルテを張る意識。
そして私の悪い癖である、身体の左上半身の右側への歪みを
意識して、左側に開くこと。

など、人様の視線など、気にしていられない程、頭も身体もフル回転なのですが
それでも、ふと感じる女性からの足元への視線。

やはり女性とは、美しいもの(=ルブタンのハイヒール)に対して
無意識にも反応する生き物なのでしょう。
その方々を、がっかりさせない為にも、美しく歩こう、と気持ちも新たになります。


最後に私です。
 


初めまして。 凜と申します。


これから、もっと質の良いレッスンをご提供出来るように

スキルアップ、声の出し方、的確な判断が出来るような訓練等、

精進したいと思いますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


愛と感謝を込めて。                         凜 ~ Les Caprices ~





新たなる内面と外面の改革

寒さが厳しいこの季節、特に意識しているデコルテの開き。 先日とあるお店の鏡に映る自分の横向き姿を見て、立ちすくんだ。 意識しているはずの肩が、内に入り、顔も前に突き出た状態に。 それはもう、疲れた雰囲気を漂わせた、痛い姿の自分だった。 そんな自分に肩を落と...