2018年2月2日金曜日

自宅のサロン。


福岡市内、自宅にて、ハイヒールレッスンを行っています。

今日はどんな雰囲気か少しですが、ご紹介させて頂きます。

自宅のリビングにて。



 
 
 

 
 
我が家は築30年以上の家を、12年前に購入時に一部リフォームしました。
その間、子供たちと遊んだ楽しい傷
私がうっかり物を落としてしまって出来た傷が
床の所々に、傷跡として残っております。

まさか、ここでハイヒールレッスンを行うなんて、夢にも思わず、
沢山の傷を残してしまいました。

レッスン当日は、床は毎回、綺麗に拭いてから
クライアントの方をお迎えしますが
一部、目に付く傷は、ご容赦くださいませ。。。



隣のダイニングルームです。
レッスン後は、紅茶やハーブティ、コーヒー等を頂きながら
クライアントの方とご一緒させていただいております。

 


 
 レッスン中は、私自身熱が入り、この充実した時間を幸せに感じますが

ここで美しいクライアントの方と、ハイヒールのこと、美しさやフランスのこと等

沢山の実りある話が聞けることも、たまらなく幸せです。





ハイヒールで街を歩くと、女性からの視線を感じます。
特にデパートでは、ご年配の女性から、時折ギョッとしたような
驚きの表情で、私の足元を見つめられます。

きっと寒い時期、殆どの方がブーツスタイルの中
ミニスカートにピンヒールスタイルは、目立ってしまうのかもしれません。
特にルブタンは、圧倒的なオーラを出しているから。

そのことを自覚して、一歩一歩、歩きます。
ご存知のように、つま先からの着地、拇指球への意識
腹筋や背筋、ヒップに膝への意識と、デコルテを張る意識。
そして私の悪い癖である、身体の左上半身の右側への歪みを
意識して、左側に開くこと。

など、人様の視線など、気にしていられない程、頭も身体もフル回転なのですが
それでも、ふと感じる女性からの足元への視線。

やはり女性とは、美しいもの(=ルブタンのハイヒール)に対して
無意識にも反応する生き物なのでしょう。
その方々を、がっかりさせない為にも、美しく歩こう、と気持ちも新たになります。


最後に私です。
 


初めまして。 凜と申します。


これから、もっと質の良いレッスンをご提供出来るように

スキルアップ、声の出し方、的確な判断が出来るような訓練等、

精進したいと思いますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


愛と感謝を込めて。                         凜 ~ Les Caprices ~





0 件のコメント:

コメントを投稿

揺るがずに歩く。

週末、家族と一緒に出掛けました。 子供と一緒での外出は、マイペースで歩けない状況もあるため 予め、時間に余裕を持って出発し、私は早くは歩けません。 と最初に伝えておきます。 最初は、周りが自分のハイヒールで歩く早さに合わせてもらうことに 全く...