2018年2月22日木曜日

美しい女性との再会。






やっとお会いできた素敵な女性。

唐津から、久しぶりにレッスンにお越しになられました。

佐賀県唐津市でご主人様と素敵なpaletteパレットという美容室を営んでいらっしゃる女性です。

日々、女性を美しくするお仕事をされていらっしゃる方なので

その姿は美しく、しかし、外見だけではなく、その美しさは彼女の心の在り方、そして生き様。


まだ出会って半年ほどで、このような事を申し上げるのは恐縮ですが

私がこのクライアントのブログからも感じる、お客様への美と健康、幸せを第一に考え、

そして行動するその姿に、私は心から尊敬の念を抱いています。


久しぶりのレッスンということで

懸命にエクササイズに付いてきてくださることに、終始、胸を打たれました。

日頃から、ヨガで鍛えられているだけあって、身体の柔軟性があり、

筋肉量もある方でしたので、ひとつのエクササイズの終わり頃には

指示の通りに足の甲の向き、フォームを掴んで頂けました。

九州にも幾つかウォーキングレッスンはありますが

その中でも、このAsami Parisの門下生 Les Caprices を選んでいただき

感謝と共に、自ら美しさを掴みに、真剣にレッスンに挑まれた姿そのものに、私は感動します。

レッスンの後、クライアントの方から、愛のこもったメッセージを頂き

本当に熱心さを感じ、感謝しかありません。



私自身も昔そうでしたが、ハイヒールの扉を叩く前の、普段の歩き

特にフラットシューズでは何も意識せず、

私達は大またで、足を前に運んで歩いてしまいます。

もちろん、歩き方の授業も無かったですし、皆様日々、一生懸命に忙しく生きている。

自然と気持ちまで、その忙しいリズムに乗り、前脚が大またに、

歩幅が出過ぎていることにさえ、気付くのは難しいかと思います。


しかし、ハイヒールで歩く際、この歩く幅が広いと、身体への悪影響、特に腰痛を引き起こします。

歩幅が出過ぎると、腰が反り、その状態が続くと、腰を痛める原因となります。

また、体重が拇指球に乗りにくくなる為、体重が外側へと流れる為

脚の外側の筋肉が発達し、それが続くと、O脚などの脚のラインへ。

このような負を防ぐ為にも、正しい歩き方を知って頂きたいと切に願います。

また、フラットシューズでは、自分の体重が今、どこに乗っているのかさえ気付けません。

腹筋や背筋、膝の力、ヒップの筋肉を意識して動かさなくても歩けること。

このようにフラットシューズは敏感に感じることが難しいため、楽ではありますが

私のように腰痛が治ることはありません。

それは以前私がジョギングにはまり、続けていたが、

年に一度はぎっくり腰を起こしていた経験があるからです。

原因は普段の姿勢が悪かったこと、腹筋と背筋を全く使わずに歩いていたこと。

もちろん、膝を曲げて足を着地していたので、体重が体の後方に負荷としてかかり

腰がその負担を背負っていたこと。

更に、骨盤を平行にして歩くことなんて、全く知りもせず

骨盤が前のめりの状態で足を前に運んでいた。 脚だけで歩いていたからです。

その習慣の積み重ねが、何度も腰痛を引き起こしていました。



ハイヒールの哲学に出会い、美しさを感じると同時に身体の仕組みを知る面白さ。

また、美の観点からすると、申し上げるまでもないですが

ハイヒールは女性心を一気に芽生えさせてくれます。

また、歩幅が出過ぎることと、足早になることは、エレガンスを奪うことにもなります。

ハイヒールで正しく歩くと、決して早足になれないので、

自然と優雅な気持ちも芽生えるので、これも時間配分を考慮しての準備が必要。

こんな私でも日々、この忙しさと時間との勝負で、時に負けることも多々あります。

せめて自宅で過ごす時、エクササイズの時だけは、ゆったりとしたリズムと

丁寧に足を運ぶことで、歩幅が出過ぎないよう意識をし、自分と向き合い

本来の自分を取り戻しています。


最後に、健康にも詳しく、特に食に関して意識の高いこの素敵なクライアントの方から

教えていただいたこと。

ごま塩、味噌汁、玄米。

この3食で日本人の栄養はほぼ充分であるそうです。

そしてなんと、「ひしおの糀」という発酵食材をお土産に頂きました。





早速、私もお醤油と混ぜて、身体の中から健康を目指してみようと思います。

西洋でも、チーズやワイン(世界で最も古い発酵食品)など、発酵食品は

美味しさと健康面からも、ずっと昔から愛されていますね。


ここ最近の出来事で、様々な出来事がありましたが

私は本当に、いろんな方からの愛を頂き、支えられている。

この恩をお返しすべく、生きていく。 これが今の私の使命です。


感謝と愛を込めて。        凜 ~ Les Caprices ~



0 件のコメント:

コメントを投稿

纏うものは 高揚するか・しないか

asami-parisコースの扉を叩いて、もうすぐ1ヶ月が経つ 自分の人生の質を上げる為に 色んなお話がありましたが 理想とする美しい女性達の中からヒントを得て取り組んだ一つに 自分の好きな服、気に入った服以外は着用しない これを毎日、行ってみた 振り返...