2017年10月25日水曜日

赤のネイル。






最近、指先のネイルを少しラメ入りの暗いレッドに変えてみました。

人によっては、ネイルカラーは反応が様々です。

私はいつも深みのある赤のネイルをしています。

カラフルでデコラティブなネイルは、見ているには心がワクワクしますが

いざ自分となると、なにかシックリこないので、いつもワンカラーです。

施してくださるネイリストさんや、他の方たちから、

「赤のネイルは勇気がいるから、気軽に出来ない。」

と言われます。

私からすると、カラフルで個性的なネイルのほうに抵抗感を感じてしまいます。


そして、ある方からは「赤はキャバレーのような印象だから、

あなたの為を思って、それは止めたほうがいいよ」との言葉も聞いた。

特に、子供を持つ母親なら、そして子供の受験を考えると、、などなど。

とても日本的な考え方だと思い、心配してくれる気持ちだけを頂いた。

以前の私なら、赤のネイルにはとても抵抗がありましたが、

慣れてくると、むしろ心地よく感じます。

普段のファッションは黒、白、グレーベージュなどの地味な定番カラーが多いので

赤のネイルは全体の挿し色としても、活躍してくれます。

どのように見られても、自分の気持ちに忠実に生きる。

外見でその人個人を判断されるのは、他国に比べてこの国の強い特徴であるので

これからももしかしたら、色んな目で見られるかもしれません。

しかし、私は自分のスタイルを貫くつもりです。


感謝を込めて   凜~ Les Caprices ~


0 件のコメント:

コメントを投稿

再び自分の扉を開く。

幸運にも、今週はプレタポルテレッスン、asami-parisコースを受けることが出来た。 美の扉を開くにあたって、事前に課題を頂いており、それに取り組むことで さらに奥底で潜んでいたもう一人の自分を発見できた。 昨年1月にコンサルティングを受けて、気が付...