2019年6月19日水曜日

美しい北の花・Maryさん






毎回、始まる前から緊張感で包まれる。

今回のExchageはUn LysのMaryさんです


昨年11月にお会いした以来、楽しみにしていました。
レッスンが始まるや否や、落ち着いた雰囲気の中
Maryさんのピリッとした発声と
安定した声でレッスンがスタートした。


一番、感動したことは
一つのエクササイズを更に分析されていたことです。
筋肉への意識をもっと強化するために
一つ一つ、時間をかけて各パーツで動きを止め
Maryさんの掛け声と共に、筋肉を深く目覚めさせていく。


おかげで全身、しっかりと汗をかき
私のヒップの筋肉への意識も
これまで以上に入った。


最後に音楽を流しながら、ハイヒールウォーク。
気持ちを筋肉やデコルテに集中しながら
どこか音楽に心を乗せ
軽やかに歩く自分がいた。


自分がコーチ役としてのレッスン後も
お時間を頂いて
プレタポルテのこと、子育ての話
気がつくと
あっという間に今回も美しい時間が終わってしまった。


北国で美しく在る為に
コツコツと努力を重ねている姿に
私の背筋は更に伸びた。



Maryさん、充実したお時間をありがとうございました。



心からの感謝を込めて。  Les Caprices・凜


2019年6月13日木曜日

緊張感と共に




師匠との3週間ぶりのプレタポルテレッスンでのこと。


私のデコルテの張りが足りず
「もっと右肩を開きます」と、何度も修正を頂き
脳天を突いた。


限界あたりから途中
右と左の肩一直線にピーンと
目には見えない筋が、横一直線に走った。


このデコルテを横に張った状態が
キープし続けられれる筋力があるか、私に試されている。


足の甲も同じで
甲を思いっきり返し、この表面に現れている張った状態の緊張感。


ここを魅せることで、美しい歩きを表現できるのだ。


一番初めに、足を踏み出す瞬間から
最後、地面に足を着地させるまで
この甲の緊張感を保ち続けることが
身体の軸と筋肉を最大限に使うことと
美しさの表現である。


姿勢もまた、同じ。


肩が丸まり、お腹が下に凹んだ状態では
ゆるい印象ではあるが、緊張感から遠のき
せっかくの持ち前の美しさも、半減する。

腹筋を上に引き上げながら
デコルテを横に広げることで
マインドも引き締まる。


「数秒間、出来ても、そのあと疲れて出来ない。」
と仰る方もいる。
これも筋力がつけば、段々と体の方が覚えてくれる。


美しさを放つ緊張感には
どのように生きるか、という心の姿勢も必要だが
キープし続ける体力と筋力が必要。
諦めずに、日常の中で続けることで、誰にでも体感できるようになる。
(私も時折挫折しますが、ここは諦めず)



先日は 貴重なお時間
レッスンいただきまして ありがとうございます。

ハイヒールを履いての レッスン時
前脚に しっかりと軸を感じました。
そして 身体が フッと軽くなる感じがしました。

この感覚を 忘れず
日々 意識しながら、一歩一歩
進んでいきたいとおもいます。


プレタポルテを開始されて5ヶ月目。
こちらのクライアントの方も
脚のラインが変わり、この数ヶ月間、本当に様々な困難な状況にも屈せず
諦めることなく懸命にご自身と向き合っている。
そして今、美しく変化されている。


O脚で悩まれていたが
膝と膝の隙間が、徐々に狭くなり
今では9センチハイヒールに挑戦されている。


何より、締まってきた脚のライン、姿勢、瞳から
こちらが釘付けになる。

そこには強い眼差し、真剣さと
緊張感があるから。


今 、お客様に 足さばきが綺麗。
だと お褒めの言葉をいただきました。
ますます やる気が 出てきました。


これもご自身の努力の賜物であり
込み上げてくる嬉しさで、私は心が一杯になる。


ハイヒールで美しく歩くことは
影なる努力なくして得られない。


身を引き締めて
力を、出し切って生きる。
いつでも緊張感を忘れずに。



沢山の愛を込めて。 Les Caprices・凜



2019年6月9日日曜日

深い呼吸の効果とは




浅い呼吸をしていた。

その事に、ここ数日ずっと自分自身を観察していた。

逆に以前、自宅で一人でいる時も
すべき事が山のようにあったとしても
気持ちを急がせず
余裕を持って、敢えて過ごしていた時。


その時の呼吸は、間違いなく深いものでした。


反対に急いでいる時、早く家事を終わらせないと。と
とにかく素早く行動している時。


その時こそ、意識したこともない自分の呼吸を
試しに、集中して呼吸を感じてみた。


間違いなく、私の呼吸は早くて、浅い。
本当は息苦しいほど、呼吸が乱れていた。


今、ある本を読んでいる中に
まさにそんな私にピッタリな助言が提示された。


「深い呼吸をすれば、多くの深い部分の筋肉や骨が、スムーズに動くようになる。
 それが弱った内臓や神経を刺激し、体内の循環が良くなる」


健康に注意を払わなければ、家族や約束事、仕事面で
大きな悪影響を与える。と、これまでの苦い経験から感じています。


それなのに、こと呼吸に関しては無頓着でした。


エレガンスにハイヒールを、と思っていても
私の場合は、これでは真に身に付かない。

どうしても急がないといけない状況は
何方にもある。


しかし、呼吸を整え直すことで
気持ちの面でも、健康面でも
良いことしかないのです。


Asami-Parisメゾットにも、最初に行うストレッチでは
必ず、深いゆっくりとした呼吸で行います。


その後に続く、エクササイズで筋肉や骨に対してもアプローチし
最大限の効果をもたらす為です。


生涯、ハイヒールで美しく歩き続けるためにも
どのような呼吸で生きていくか。


美しく健やかに、内側からエレガンスを生み出すには
やはり日常の過ごし方、深い呼吸を心がけるしかない。


真に美しく生きることに、まだまだ学ぶことは沢山あると
今、大きくゆっくり
息を吸い込みながら実感しています。



深い感謝を込めて。  Les Caprices・凜




2019年6月3日月曜日

一生、ハイヒールで歩く為に




最近、自分の体を見直す機会が増えている。


ハイヒールを履いたり、エクササイズを続けていると
自然と自分の身体と向き合うことになるが
先月、久しぶりに体調不良で倒れてしまったことがキッカケになり
余計に、気を使うようになった。(年齢が上がったこともあり)


また、人生の先輩方々、友人など
周りの方と「体と健康、心の在り方」に関する話をすることが多くなった。


その中で、私が取り入れてよかったことがあります。
それは、エクササイズなど、運動の後は
体をそのままにして置かず 必ず脚全体、裏側を優しく撫でること。


特に、腰痛を防ぐには
太ももの後ろを手のひらで何度も摩ってあげると
張った筋肉がほぐれ、腰への悪影響を防ぎます。

ストレッチも大いに効果があります。
やはり酷使するだけではなく
運動やエクササイズが終わった後の
クールダウンも必要ということを実感しています。


前月は毎日エクササイズをし
師匠との濃厚なレッスンをし、満足げだった私は
その三日後に軽い腰痛を起こした。
すごくショックでした。


姿勢も筋肉の使い方も気をつけているのに、何故、、、と
腑に落ちなかった。

それで聞き回った結果、私は身体を使うだけ使い
そのまま使った筋肉を放置していたので、張った状態が続き
腰の筋肉にまで炎症が起きてしまっていた。


私は毎夜、眠る前に
足裏や首筋、両脇の底の部分は指圧をしてますが(リンパ流しの為)
肝心の太ももの内側への配慮が欠けていた。


この先50代、60代、70代
ハイヒールで美しく歩くためにも
心も身体も健やかであることは欠かせない。


日々の身体への意識とエクササイズ、美しく生きるという気持ち。
そして自分の身体と心のケアは
放置せず、楽しみながら続けていくこと。
それが一生、ハイヒールと共に歩める秘訣だと気づいた。


健康で美しくある為に、今は沢山の情報がありますが
皆様も一日の終わりに、頑張った自分と
その身体に
「ありがとう」という気持ちを込めながら
脚全体を優しくマッサージをされると良いかと思います。
(既にされている方も多くいるかもしれません)





愛と感謝を込めて。 Les Caprices・凜


2019年5月28日火曜日

美しき希望




約1年3ヶ月ぶりの再会。

今回、私の記念すべきモニターレッスンを受けてくださったNANAKOさんが
福岡へレッスンを受けに来て下さいました。


NANAKOさんは現在、佐賀県唐津市で
ご主人とともに、とても素敵な美容室『Palette』を営まれ
主にシャンプーやヘッドスパを担当されており
お客様がいかに美しく、健やかになられるか
ずっと追求され、行動している尊敬すべき美しい方です。


その行動力の凄まじさ、誠実さ、チャーミングなお人柄は
彼女のブログからもしっかりと伝わります。
また、とっても愛情深い!のです。



長期間、レッスンが空いていたにも関わらず
全くの白紙状態ではなく
エクササイズの流れや、リズムも早過ぎない。
これは陰ながらの彼女の意識の努力、丁寧な生活を表していた。


レッスン後に沢山のお話をさせて頂き
嬉しかったことは
NANAKOさんが、ハイヒールを本当に好きで
お仕事を突き詰めながら、様々なことに挑戦されながらも
ずっと、手放さずにいらっしゃったこと。


NANAKOさんは周りの方から「ハイヒールだと、痛くないですか?」と
尋ねられことがあるそうです。
その度に、心の中で
「フラットシューズで歩く方が、かえって身体が痛くならないのですか?」
と逆に投げかけたくなるというお気持ちを聞かせてくださった。

NANAKOさんはその時の様子や、ハイヒールへの思いも
ご自身のブログでも、綴っていらっしゃってます。

美しく生きる」という意志



同じ価値観にとても嬉しく、私は大きくその場で頷いた。


私はこれまでに、止むを得ずフラットシューズを履き
その度にかえって腰が痛くなったり
体だけでなく、気持ちまでも落ちてしまった経験がある。


今の環境では、どうしてもハイヒールが履けない状況がある。
子供の運動会、夏の家族との川遊びや山、ハイキング。
砂利の多い神社への参拝。

そんな場合は、いっそ割り切ってフラットシューズを選ぶ。
それでも、私は悪あがきと申しましょうか
例えフラットシューズを履いた状態でも、身体(特に腰)に痛みを感じるので
途中からつま先立ち歩きで過ごします。
思いっきり腹筋を引き上げ、母指球に体重を乗せて。

しかし、所詮、フラットシューズですので
筋力も気持ちの面もかなり落ちてしまう。
ハイヒールに勝る足元は、無い。


フラットシューズを脱ぎ、ハイヒールに脚を入れると
「これ、この感覚。」と
いつも初心に帰るような、身が引き締まる自分がいる。


NANAKOさんのように
ハイヒールで日々を過ごす努力をされている女性は
まだまだ多くはない現状ですが
私たちが、颯爽と自分の軸で歩く姿は
きっと何方かの「希望」となると思う。


ハイヒールは女性なら何方でも、努力と情熱があれば
美しい人生を共に歩めるパートナーとなるのだから。


そのことを教えてくれたNANAKOさんへ。




沢山の愛、深い感謝を込めて。 Les Caprices・凜






2019年5月23日木曜日

眠れぬ夜





本日、22時にレッスンを開始し、23時前に終わった。

この疲労感は、家事などの疲労感とは全く違う。
エネルギーを集め、集中力を使い果たした後の
爽快感も混ざった、愛の詰まった疲労感。



パソコン画面の向こうの女性が
美しくエレガントに
最後のハイヒールウォークングで歩く姿。

この姿を思い起こすだけで
深夜の今も疲れを通り越し、胸が一杯になる。


レッスンでは
背中が反りがちな箇所を修正し
背中を起こしながら、脚を運ぶ。


誰しもが、この背中への意識を体に入れることが難しい。
背中が後ろへ倒れる癖が付くと
のちに、腰痛の原因になるため
ここは見逃してはならない箇所でもある。
しかし、最後までよく頑張られた。


2週間のブランクがあったにも関わらず
最後まで、懸命にご自身と向き合われた。
お仕事の面で大きなトラブルが発生し
しかし、徹夜でそれを乗り越えられた彼女。
持ち前の強いパワーを感じながらのレッスンであった。


立ち向かう女性は、強く美しい。
今夜は眠れそうにないほど
沢山の思いが込み上げる。






沢山の愛と感謝を込めて。 Les Caprices・凜



2019年5月22日水曜日

新緑の季節に





梅雨入り前のこの時期に
庭の仕事をしておく。


我が家に小さな畑もあり
毎年、ミニトマトやピーマンを植える。
畑を耕し、柔らかくし
草を子供達と共に抜く。
今年は初めて、ブロッコリーが仲間入り。
その為か、青虫が元気に葉っぱを栄養にしている。

その子達なのだろう
今年は蝶々が沢山、飛んでいる。
しかも畑に近い部屋の網戸にも、卵が付き
ある日、娘の部屋のカーテンを開けると
一匹の蝶々がヒラヒラと部屋の中を舞った。


今日は畑ではなく
庭の除草作業を、午前中の太陽が東にあるうちに行った。

1番の目玉は
生育旺盛な「どくだみ」の抜き取り作業。
これはかなり厄介者で、抜いても抜いても。。
地下奥深くで、根が繋がっているいるので
根本から抜き取ることは不可能。

黙々とシャベルと手袋を使って
群生した元気なドクダミ達の抜き取りをすること、何時間だろうか。

後ろから
中学の中間考査で、お昼過ぎに帰宅した息子のキキーっと自転車が止まる音がした。
ふと見れば、汗まみれの私たち親子。
互いに着替え、手足をシャワーで綺麗に洗い
お昼を一緒に食べた。
私の手は、ドクダミの香りが残ったままだった。


午後からは、身なりを整え
私はハイヒールモードへと気持ちを切り替えた。


スッキリとした庭を眺め、とても気持ちが良い。
花や草木が、楚々と風に揺れる姿に癒される。
今日は割り切ってずっと作業服で過ごしたが
その分、お庭の景色に心が弾んだ。


新緑が眩しいこの季節。
空気が乾燥し、蒸し暑くなる前の貴重なこの時期。
まだまだ大掃除は続きますが
快適な美しい空間、景色を夢見て
しばらくは気合を入れます。



この季節に感謝を込めて。  Les Caprices・凜




美しい北の花・Maryさん

毎回、始まる前から緊張感で包まれる。 今回のExchageはUn Lysの Mary さんです 昨年11月にお会いした以来、楽しみにしていました。 レッスンが始まるや否や、落ち着いた雰囲気の中 Maryさんのピリッとした発声と 安定した声でレッスン...