2020年3月11日水曜日

疲れた時こそ、エクササイズを




コロナウィルスの感染拡大で
様々な予想外のことが起こり
お疲れが溜まった方々に
こんな時こそ、ストレッチや運動をお勧め致します。


昨日は働いている近所の友人のお子様を
我が家でお預かりし
お迎えに来た彼女の口からも、小声で「ストレスが溜まりそう」
と、庭ではしゃぐ子供達には聞こえない様に
話をしていた。


確かに気持ちは分かります。

私も1日を振り返れば
なんだか台所にずっと立っている場面が浮かぶ。

そんな私は疲れが溜まったところに
あえて、ストレッチと素足のエクササイズ
特に、椅子を使ったエクササイズをしている。
これがストレスを散らすのに、とても効果があるのです。


身体が疲れているところに、運動?と思われるかもしれないが
実際にやってみると
かえって身体がほぐれ、血流が良くなり
体だけでなく、心も軽く
気持ちも前向きに働く。
「よし!次にいこう」と、もう一度頭を上げる私。


最近、ある対談動画を見た。
それは精神科医で作家の樺沢紫苑さん作「アウトプット大全」です。


とても勉強になることばかり、且つ内容もたっぷりな為
詳しいことは省きますが
この中で、「運動」について興味深い話がなされました。


ハイヒールエクササイズをされる皆様が
知っておくと
更に効果があるかと思いシェアをさせて頂きます。



人は身体を動かし、運動をすると
体内では、「成長ホルモン」が分泌される。
このホルモンは、①筋肉を作る作用
        ②疲れを癒す作用 がある。

つまり、疲労回復ホルモンでもある。


アメリカでは近年、「アクティブレスト」といって
積極的に運動することで、疲れを取る目的で
行う人々が増えている。


休日、寝て過ごすのではなく
「敢えて運動をする」ことで、逆に体にとっては疲れが減り
身体の休息になるということです。


また、人は運動をすることで
体内から「BDFN」という物質が放出され
これらは「脳の神経細胞を育てる」働きがある。

この働きが良くなると
頭の働きが良くなることも分かっている。
この「BDFN」は脳を活性化させ
脳の退化を防ぐ働きもある。




なるほど、運動すると良いことしかないのですね。
このことを知ってから、疲れたときにするエクササイズの効果にピンときた。


コロナ騒動で、様々な疲れが出始めた皆さま
5分間でも良いので、お疲れの時こそ
ストレッチや運動を。


何故なら、身体と心は一体で繋がっていますから
動かすことで、気持ちが上昇します。


しかしどうしても辛い状態の時は
思い切って休むことも大事ですね。
早くこの騒動が収まり
皆様が少しでも、元気に明るい夏を迎えられます様に。



感謝を込めて。  Les Caprices・凜


*明日から家族で出掛けるため、3日間ブログはお休み致します。




1 件のコメント:

今週から毎日、小学校も中学校も登校が始まり 朝の日差しに交じって、通りには子供達のパタパタと走る足音や ランドセルの箱が揺れるような音が聞こえた。 こんな感じだったなあ、と 思い出すように、当たり前に聞こえていた物音が 今となっては新鮮に感じた一週間だった...