2019年12月31日火曜日

2019年、感謝を込めて。




2019年もあと数時間、感謝を込めて綴ります。


コーチとして、どうやったら満足いくレッスンを
ご提供できるものか
笑顔でレッスンを終了したあと
シンと静まり返った部屋で
閉じずにじっとパソコン画面を見つめ続けていた。

終わりがないのだと思う。

クライアントの方々には
本当にこちらが感動を頂いている。


責任ある仕事や家事と育児
そして複雑な家庭環境の中
このハイヒールレッスンを選ばれ
ご自身と45分間、向き合い
真剣にエクササイズに挑まれたその姿に、何度心を打たれたか。


私の声や修正箇所が、的確に届いていたのか
どこまでクライアントが変化していけたか

最初は8センチヒールで 外歩きする事が
本当にできるのだろうか。と 思っていたのが 
嘘のように今、 9センチヒールで 歩いている自分を少し 褒めてあげたいです。



と、年末最後のレッスン後に
届いた一通のメッセージに
私は両の手を胸の前で合わせ、心が震えた


本当は途中でやめてしまおうかと、思っていたんです。

そう、レッスンの最後に打ち明けて下さった。
それでも諦めずに、最後まで一年間エクササイズを
真摯に続け、やり抜いたその姿は
美しく、凛とした一人の女性として
私の目の前に立っていた。



また、別のクライアントは
レッスンが終わり、会話をしていた矢先
麗しい瞳には、涙が溢れていた。

「レッスンを受けることが出来て、嬉しかった。」


責任ある仕事と、幼いお子様2人を育てながらの間を縫って
レッスンに挑まれた。

どんな状況でも、女性であることを手放さず
エレガンスを、美しさを目指すその勇姿。

言い訳せずに、挑まれるその姿こそ
何よりも美しい。
思い出すだけで、はち切れそうになる。


この場をお借りして、もう一度
深く感謝を申し上げます。


また、拙いこのブログにも
お目を通してくださった皆様、本当にありがとうございました。

美しき師匠、そして美しき同士の方々
美しきクライアント。

私も遅れないように、止まらずにいこう。


来年は、健康に美しく生きる。
そして、お一人でもハイヒールの哲学で美しく生きる女性の力になれる様
精進していこうと思います。


2020年、皆様にとって
ご自身を抱きしめ、どんな自分でも愛してあげる
そんな一年となりますように。




深い感謝と愛を込めて。 凜







1 件のコメント:

今週から毎日、小学校も中学校も登校が始まり 朝の日差しに交じって、通りには子供達のパタパタと走る足音や ランドセルの箱が揺れるような音が聞こえた。 こんな感じだったなあ、と 思い出すように、当たり前に聞こえていた物音が 今となっては新鮮に感じた一週間だった...