2018年9月24日月曜日

私の人生





ハイヒールの女神、クリスチャン・ルブタンに足を入れ
高揚する気持ちで、最初は緩やかな道を歩いた
半年ぶりに再会する、尊敬する友に会いに行くため


遠目に映る緑の木々を眺めながら歩き始めたものの
思った以上に続く急な坂道と、長い距離
ハイヒールで坂道を登りながら、デコルテを更に開き
脚の内側の筋肉をもっと意識した


次第に額にはジワリと汗をかき、目的地に到着する頃には
スポーツをしたかの様な、心地良い疲労感に包まれた


帰る道のりも、今度は急な坂道を降りることになり
行きよりも腹筋を精一杯、引き上げて
一歩一歩、月明かりのもと心を込めてそっと踏みしめる


先日、師匠との過去のレッスン映像を見ながら復習していたら
私は何度となく、骨盤から上の上半身が右に入っている癖があり
頭が前に倒れてる癖が頻繁に浮上していた


それ以外にも、私にはいくつかの癖があり
その時の自分の置かれた状況、季節や気候による原因もあり
改めて身体の奥深さを感じた


静けさの中、一人歩きながらそのことを思い出し
基本姿勢や、意識すべき筋肉の使い方とは別に
自分の悪い癖が出ないよう、何度も集中して足を運ぶ


自宅でのハイヒールエクササイズは
平坦なフローリングで障害物もない安全な場所


しかし、本番での外の世界はそういうわけにもいかず
美しい歩きと大切なハイヒールを守るためにも
脳や身体、目をも働かせ、物凄く集中力を要する
だから心も次第に引き締まる

改めて、ハイヒールとは美しいスポーツだと
翌朝の私の体が教えてくれた
目を覚まし歩き出すと、かなりの筋肉痛だったから


私は今年、45歳
美しく在ろうとすることに、年齢は全く関係はない


自分の意志があれば、続けていけば
身体は必ず応えてくれる
今の筋肉質な自分の脚が愛おしい


昨夜私が歩いた長い道のりのように、
人生は決して平坦ではなく時に障害物があったり、苦しい坂道がある


ゆっくりでも歩みを止めずに、立ち止まってもまた一歩進めば
いつかは目的地に到達できる 
自分なりの小さな目標も同じ


まだまだ本当のゴールには辿り着けてはいない現状
自分なりの課題もある


その一つ一つを、まるでゲームの駒を進めるかのように
試行錯誤しながら、頭をひねりながら
全身を動かし、心を真っ直ぐにクリアにする

これからもこれが私の人生なのだと思う

決して要領がいい方ではないので、人よりも何倍も時間が要するが
その分、ハイヒールのエクササイズが上手く出来ない方の心の痛みが
ヒシヒシと自分のことのように感じられる


鈍い私でも、今はルブタンと共に人生を歩んでいる
烏滸がましいかもしれないが、それがどなたかの小さな光となれば





そう思うと、私の失敗談もそれなりに意味があるのね、と
最後は澄んだ夜空を見上げた



これからも私の信念と共に、トライ&エラー&這い上がる
これが私の人生です



愛と感謝を込めて  Les Caprices・凜


0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...