2018年8月2日木曜日

素直に美を求める





猛暑の福岡市、台風の余波で風が吹いてくれることが
幾分暑さを和らいでくれています

昨日は福岡市のお隣の町、春日市より
知的で颯爽とした女性がレッスンにお越しになりました


いつの日か9センチのハイヒールで美しく歩く

という目標で
この暑さの中であっても、休まずレッスンへ挑まれる

年齢や出来ないかも、、という言い訳など一切なく
目標の為に、気候に関係なく
ご自身の身体と地道に向き合い
挑戦し続ける姿こそ、既に美しい人生を歩まれていると思う




レッスン開始から2ヶ月が経ち
最初は固かった筋肉が、少しづつ解れて柔らかくなり
肩回しや、足首の可動域も広がり
ハイヒールで美しく歩く為の身体つくりも進歩された

腹筋や背筋などの必須の筋肉への意識や
エクササイズのフォームも今はほぼ完璧にマスターされ
ご本人の日々の努力を側で感じさせて頂き
今日はレッスンの途中で、本当に胸が打たれた

せっかくのレッスンのリズムを崩してはいけないので
この思いはひとまず胸の内に潜ませて
この場をお借りして

奈々美さんへ感動と真摯な美しい姿へ
敬意と共に、感謝を申し上げます

女性は内なる思いに、もっとオープンになれば
さらに女性としての美が開花されるのではないか

このようなことをまだ達成していない未熟な私が申すのは
相応しくないのですが
かなり時間がかかって、自分の本心に気づき
そして今、ハイヒールコーチとして感じること


日本では女性性を前面に出したアイテムやファッションは
タブーな職場、家庭、雰囲気、慎むのが美徳とされた文化も根強くあるので

年齢を重ねても、女性として大いに人生を楽しむ
美しくなることに一切ためらうことなく、解放していくことは
気後れすること、なんだか自分らしくない、、
と思われる方もいらっしゃるかと思います

しかし、私のハイヒールに目が留まったり
突然、「素敵なヒールですね」と後からお聞きする言葉の端々から

女性は、美しくあるものに無意識に反応する生き物

本当は美しくありたいと求めているのだと感じることがあります
その感性に素直に従って
自分の世界をどんどん広げていけば、やがて自信を持って人生を歩き出す

私も今までとは違う感覚の中、始まったばかりの自分の発掘の旅

師匠とクライアントの方々、同士と共に学ばせて頂きながら
本来の自分を表現できるよう、ハイヒールと歩みます



愛と感謝を込めて  Les Caprices ・凛


0 件のコメント:

コメントを投稿

纏うものは 高揚するか・しないか

asami-parisコースの扉を叩いて、もうすぐ1ヶ月が経つ 自分の人生の質を上げる為に 色んなお話がありましたが 理想とする美しい女性達の中からヒントを得て取り組んだ一つに 自分の好きな服、気に入った服以外は着用しない これを毎日、行ってみた 振り返...