2018年7月6日金曜日

普段の姿勢から。





ハイヒールで過ごす時間は、ヒールの高さに伴って、

気持ちまでも上に引き上がり、女性としての美しい緊張感を味わえます。

歩きながら、上半身、下半身、共に鍛えられるので

本当にハイヒールウォークはスポーツだと歩き終わって特に感じます。

またこのような感覚やエクササイズは、

デスクワーク時や、ハイヒールを履いていない状態でも、

少しは感じることは出来ます。

それが、普段の姿勢です。

足元がハイヒールであれば、言うことなしですが

そうでない場合でも、少し頭を後ろに引き、この時に顎が突き出しそうになるのですが

そこをあえて、グッと顎を引き、デコルテを横に張ります。

この時に背中の肩甲骨をグッと寄せる意識を持ちます。

そうすると、お腹の筋肉まで自然と引き上げられるので、

このまま更に腹筋を引き上げ、落とさずに

骨盤を地面(椅子)に対して垂直に立てます。

そうすると背中の反りも防げますので、腰痛予防にも繋がり

背中への真っ直ぐであろうとする意識も芽生えてきます。

ここまで意識すると、自然と両膝はお互いに真ん中に付いた状態になり、

あとは母指球のみで床や地面を感じること。

忘れてならないのは、脇は何もしていなければ、締めること。

これで肩が上がらず、デコルテを開く意識も芽生えます。


ここからはこの状態の継続の為の勝負どころ。

一度、姿勢が決まると安心してしまい、私の場合は腹筋が抜けてしまいがちです。

腹筋が緩むと、背中が丸まってしまい、両膝も空いてしまうので、

一番の要は腹筋を意識することだと、行ってみて感じることです。

一つが崩れると、それに連動するかのように、どんどん他の箇所が崩れます。

しかし、きつくなって身体を緩めてしまっても、それでも大丈夫。

それをいきなり長時間保つのは、大変なことも分かるので

時に身体を緩めて休憩タイムを取っても、そのあとまた意識して

姿勢を戻すことを続ければ、段々とキープ時間も長くなります。

ここでは姿勢を意識する、という気持ちが根付くことが大切かと思います。


デスクワークですと、どうしても顔を下に向けなくはならない場合が多いので

下に向けている時こそ、腹筋だけは落とさないように意識する。

それだけで、メンタル面は高まる=エネルギーが落ちないので

エクササイズ貯金のつもりで、お時間がなかなか取りにくい方は

一度、試されてみてください。

日常の姿勢を意識すると、メンタル面も身体の筋力も、しないよりもアップします。

しかし、一番の効力はやはりハイヒールで過ごす刻。

年齢など、全く関係ありません。

エクササイズと日頃の身体への意識で、必ず美しく歩けるようになります。

そしてまずは日頃のちょっとした姿勢への意識から

始められてみて下さい。

きっと内面と外見の美しさの手助けとなるでしょう。



愛と感謝を込めて。  Les caprices・ 凜




0 件のコメント:

コメントを投稿

過去の自分に対して、自信を持って変化できたこと

ハイヒールの世界に飛び込み、今はAsami-Parisコースを経て 振り返ると2年と半年近くの月日が経った プレタポルテ新規申し込みを閉じられる直前に 受けるなら今しかない、と 思い切ってメールで気持ちを綴った あれから様々な経験をさせて頂き ハ...