2018年4月14日土曜日

意識し続ける。





自分が台所に立っている姿を動画で撮ってみました。

3回目なので、最初よりは意識が続いて、デコルテを張ることや

手先の動きに意識が向くので、少しづつ体の正しいポジションを

キープ出来ているような気もしました。

しかし、撮り終えて確認すると、まだまだ。

特にお皿を洗ったり、お料理をしていると、つい集中している為か酷い姿。。

頭は思いっきり前に突き出して、背中も完全に丸い。

そして、立ち姿で一番気をつけている膝が、若干曲がっていた。

どうしても頭を下げなければ調理できないことも否めませんが

膝とヒップの筋肉への意識は出来るのに、これが抜けていた。

無意識レベルに覚えさせるには、まだまだこの日常動画の撮影は続きそうです。


このお蔭か、仕事先の事務所では、この意識付けが役に立っています。

座っているときも立っているときも

デコルテを張り、膝を真ん中に付け、拇指球で床をプッシュしてみる。

腹筋を上に引き上げる意識は、以前よりも随分と続くようになった。

人から見られている、という環境もあるかもしれない。

ただ、どうしても目線を下に落としたり、頭を下げざるを得ない姿勢になることもある。

なので、ひと段落したら、敢えて思いっきりデコルテを張って

頭をグッと後方へ引くことで、バランスを取り直し、

血流が良くなったのだろう、気分もパッとリフレッシュされます。

エクササイズの時間以外でも、自分で僅かでも出来る軸の掴み方。

最近はお洗濯物を干す時も、膝を伸ばすこと、腹筋を引き上げる意識を入れています。

ただ、時間が足りなく急いでいたり、余裕がない状況だと

すぐに崩れてしまう。  ということは、まだまだ板に付いていない証拠。

余裕のある時間をどうやって生み出すか。

私には動画撮影だけではなく

時間管理もハイヒールで美しく歩く為に、必要な課題です。




愛と感謝を込めて。  Les Caprices ・ 凜


0 件のコメント:

コメントを投稿

纏うものは 高揚するか・しないか

asami-parisコースの扉を叩いて、もうすぐ1ヶ月が経つ 自分の人生の質を上げる為に 色んなお話がありましたが 理想とする美しい女性達の中からヒントを得て取り組んだ一つに 自分の好きな服、気に入った服以外は着用しない これを毎日、行ってみた 振り返...