2018年4月1日日曜日

海のエネルギーを受けて。





南の島、輝く海とお別れし、ここ福岡へ戻りました。

海のリゾート地、南国ということもあって、

現地の人々も観光客もほとんどが、足元はビーチサンダルやスニーカー。

私も久しぶりにフラットを履いて、海やプールへ出向いた。

やはり、マインドが下がった。(なんとなく、そうなるだろう、、と)

気持ちは楽であり、リラックスはしているのですが、

引き締まった緊張感、高揚感は何処へ。

改めて部屋の中や、買い物へ行く時にハイヒールを履くと、

自分の気持ちの高まり方が、日常生活よりも更に感じられた。


さすがに飛行機が到着した後ハイヒールを履くと、

足の浮腫みのため、履き辛さを多少感じつつも

ここは更に拇指球に体重を乗せることで、痛みを軽減させて歩いた。


今回は海で初めてパラセーリングにも挑戦したり、ボートを漕いだりと、楽しみました。

この歳でのマリンレジャーは、結構ハードさを感じつつ

海は美しいし、コバルトブルーの青さに、感動した。

ジェットボートで沖へ進むに連れて、海の色が段々と変化し、

煌く水色から、少しずつ明るさを落としてゆき、深い紺色へと変わる。

小さくなっていゆく島と、深く吸い込まれそうな青に、恐怖さえ感じる。

こんなに海に囲まれると、人間はどんなに進化を遂げても

自然の前では本当に無力だし、私達は海に抱かれて、その中で生きている。

普段は地上にいて、そんなこと思ったりしないため、気付きもしないのですが

時折、夜空を見上げたときに、見つめながら

広い宇宙を感じてしまい、自分はちっぽけだな、、と感じることと似ている気がした。

たくさんの海のエネルギーを受け、心を洗い、そして見直し

やっと決心が、踏ん切りをつける事が出来た。

そのことは、後々綴らせて頂きたいと思います。


愛と感謝を込めて。    Les Caprices ・ 凜



0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...