2018年3月12日月曜日

外側から自分を見る勇気と意識改革。





先週末は土曜日、日曜日ともエクササイズを怠った為

今日はじっくりと鏡の前で、励んでみた。

また前回の課題である「美しさを狙いにいく」為に。

実際始めると、腹筋が落ちていること、膝への意識が薄いため

安定性に欠ける状態であったので、

ひとつのエクササイズを繰り返し行った。

そして同時に自分のエクササイズの様子をパソコンに録画をし

じっくりと見てみると。。

右の片足をゆっくりと90度に引き上げる時に

少しずつ骨盤が左側に向いていた。

その時は鏡の前で行なっていたので、確認しながら骨盤が動かないよう

意識していたはずなのに、これもまたショックでした。

その時にasami先生からのアドヴァイス「軸足の膝、後ろの膝を特に強く後ろにプッシュする」

このことを頭に入れ、腹筋を上に引き上げる意識と共に行なうと

先ほどよりも安定感が増し、引き上げることが出来た。

本当に客観的に自分を見つめることは、ショックは大きいけれど

得るものも大きい。


今日は鏡の位置も変えてみました。

普段はリビングに置いてますが、台所に置き直し

自分の生活の雰囲気、台所に立っている姿、人から呼ばれた時の動作など

大きな鏡なので、自然と目に留まります。

勿論、目を伏せたくなる姿の連続、こんな美しくない動作をしていたのかと

エクササイズ以外の普段の自分に、またしてもショックを受けた。

しかしショックが大きいほど、人間、やる気がでるもの。

しばらくは鏡もこのままに、一人の時こそ

座っているとき、台所に立つ時、手先やデコルテの開き、膝への意識を入れ

出来る限り緊張感を持って過ごしていく。

このことを繰り返すことが、難しいことでもあり、意識を忘れないためにも

常に鏡で自分を確認する。

次は普段の生活態度を動画で撮ってみようかと思います。

これは一番見たくない姿なので、未だに実行に及ばす。

しかし、受け止めなければならない時だと

私の心が私に訴えているのだ。

意識が変われば、生きる姿勢も変わる。

人生を私らしく真っ直ぐ生きることが出来る、

そんな気持ちが自然と湧きます。



愛と感謝を込めて。   Les Caprices ・ 凜




0 件のコメント:

コメントを投稿

纏うものは 高揚するか・しないか

asami-parisコースの扉を叩いて、もうすぐ1ヶ月が経つ 自分の人生の質を上げる為に 色んなお話がありましたが 理想とする美しい女性達の中からヒントを得て取り組んだ一つに 自分の好きな服、気に入った服以外は着用しない これを毎日、行ってみた 振り返...