2017年12月23日土曜日

自分の超えるべき心の壁。




とても長い間ブログをお休みしてしまい、せっかく訪れてくださったのに
更新の無い日々が続き、申し訳ございません。

仕事のこと、家庭でのこと、アップダウンの出来事があり
せっかく自分らしく、自然体で保っていた心の状態も
職場でのある出来事をきっかけに
自分の未熟さゆえに、一気に落ちてしまったこともあり、
ブログに向かうことも出来なかった。

しかし、今回のことは自分にとって越えなければならない壁であることが分かり
客観的に冷静に自分を捉えることが出来、
涙とともに、このように復活出来たのも
ハイヒールの哲学があったから。

このことは時期をみて、勝手ながら綴らせて頂きたいと思っています。

ハイヒールエクササイズを行いながら、自分と向き合い
途中で体力が持たず、目の前のソファに倒れこむこともあったり
自分の持久力の無さに、「私の体力もこれまでか。」と
ため息をこぼしたりする日も多々あり。

でも、それでも、諦めない自分、立ち上がる自分。
こうやって歯を食いしばる自分でいるほうが
放棄する自分より、好きです。(それでもまだまだ努力が足りておりませんが)
そこから自分を取り戻しました。

「緊張感の無さ」という、一見厳しいようですが、
私には愛情を感じる言葉が、最後の余韻のように残った前回のプレタポルテレッスン。

その後に起こった職場での出来事。
ある友人との再会。

双方とも、全く関係ないことですが
共に私の克服課題を提示するべく起きた出来事。

深く深く落ちたところから、出来ることを最大限にやることで
立ち向かう気力を得ました。

どんな状況でも、辛い状況でも感謝するところを探し、そこに焦点を充てる。
辛い時こそ、嬉しくなるゲーム。

ハイヒールの哲学を知らなければ、ブログを綴っていなければ
立ち返ることはしなかったでしょう。

今日はとりとめの無い、個人的なブログとなりましたが
お付き合いくださり、本当にありがとうございました。





愛と感謝を込めて。   凜 ~ Les Caprices ~




0 件のコメント:

コメントを投稿

纏うものは 高揚するか・しないか

asami-parisコースの扉を叩いて、もうすぐ1ヶ月が経つ 自分の人生の質を上げる為に 色んなお話がありましたが 理想とする美しい女性達の中からヒントを得て取り組んだ一つに 自分の好きな服、気に入った服以外は着用しない これを毎日、行ってみた 振り返...