2017年5月10日水曜日

ハイヒールの恩恵を、循環させるための一歩。




ハイヒールを美しく歩くための、第一歩としての入り口。

それは、身体の適切な筋肉を、
最大限に使うために必要なストレッチのエクササイズ。

自宅で自分一人、黙々と行うだけから、
今度は人に教える立場になることを考えての練習が始まった。

自宅で何度か練習をしてみたものの、実際にasami先生を相手役として
ストレッチのやり方を導くとなると、これが本当に頭も体も声も、固まってしまった。

まだまだちっとも、練習不足と真髄を理解していない自分を恥じ、
その思いは、さらに自分の態度や声に乗って表れてしまった。

自分だけが、ハイヒールの哲学を突き進むだけではなく、
私がハイヒールの哲学から受けた恩恵を、今度は違う女性へと伝えるために
必要なプロセスなのだと思う。


自信の無さは、相手にダイレクトに伝わるので、
納得がいくまで、しばらくは自宅で一人劇場となりますが
まるでどなたかハイヒールの道を目指す方がいるかのように、
ストレッチの指導の練習をしばらくは続けようと思います。

まさか自分が人に何か教えることになるなんて、夢にも思わなかった。
想像するだけで、緊張と責任で背筋が伸びますが、


今は目の前にあることに集中して、描いたヴィジョンを軸に
愛を持って、進むだけ。

そう自分に言い聞かせています。

                          凜・walking style


0 件のコメント:

コメントを投稿

私の人生

ハイヒールの女神、クリスチャン・ルブタンに足を入れ 高揚する気持ちで、最初は緩やかな道を歩いた 半年ぶりに再会する、尊敬する友に会いに行くため 遠目に映る緑の木々を眺めながら歩き始めたものの 思った以上に続く急な坂道と、長い距離 ハ...