2017年5月28日日曜日

ハイヒールが恋しくて。


 



無の状態から、気付かされること。

当たり前に履いていたハイヒール、それが出来ない時に、ハッと心に刻まれた存在感の大きさ。

それはハイヒールでした。


久しぶりに、フラットシューズに脚を入れてみた。

とても違和感があり、気持ちが落ちてしまう。

楽さはあるが、返って気持ちに締りがなく、もちろん高揚感もない。

楽を通り越して、怠慢になってしまうことに嫌悪感を感じ、早く脱ぎたかった。

フラットシューズは、体重のかけ方もハイヒールとは全く違うので、

筋肉の使い方が変わり、気持ちも身体を疲れてしまった。

やむを得ず、今日はフラットシューズを履いたのだが、

改めて自分にはハイヒールが必要で、ハイヒールが恋しかった。

精神面に、こんなにも影響するハイヒール。

人生をともに美しく歩いていくために、ますます必要な存在であると思い知った。

今日はゆっくり身体を休めて、明日から一緒に再び生きてゆく。



                                                                                                 凜walkingstyle

0 件のコメント:

コメントを投稿

纏うものは 高揚するか・しないか

asami-parisコースの扉を叩いて、もうすぐ1ヶ月が経つ 自分の人生の質を上げる為に 色んなお話がありましたが 理想とする美しい女性達の中からヒントを得て取り組んだ一つに 自分の好きな服、気に入った服以外は着用しない これを毎日、行ってみた 振り返...