2017年5月28日日曜日

ハイヒールが恋しくて。


 



無の状態から、気付かされること。

当たり前に履いていたハイヒール、それが出来ない時に、ハッと心に刻まれた存在感の大きさ。

それはハイヒールでした。


久しぶりに、フラットシューズに脚を入れてみた。

とても違和感があり、気持ちが落ちてしまう。

楽さはあるが、返って気持ちに締りがなく、もちろん高揚感もない。

楽を通り越して、怠慢になってしまうことに嫌悪感を感じ、早く脱ぎたかった。

フラットシューズは、体重のかけ方もハイヒールとは全く違うので、

筋肉の使い方が変わり、気持ちも身体を疲れてしまった。

やむを得ず、今日はフラットシューズを履いたのだが、

改めて自分にはハイヒールが必要で、ハイヒールが恋しかった。

精神面に、こんなにも影響するハイヒール。

人生をともに美しく歩いていくために、ますます必要な存在であると思い知った。

今日はゆっくり身体を休めて、明日から一緒に再び生きてゆく。



                                                                                                 凜walkingstyle

0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...