2018年5月13日日曜日

de l'amour




もうすぐ今の職場も退職する。

そのために、ここ1週間は慌しく、あっという間に過ぎていった。

残りの日々こそは、たとえアポイントが取れなくても

感謝の気持ちだけで、過ごそうと思う。

ここで過ごした日々は、ほぼ毎日ハイヒールでした。

先日、ハイヒールを履いたまま、重いダンボールを運ぶ仕事を1時間近く行なったが

全く腰もどこも痛まず、乗り切れたことは、私自身の小さな喜びでした。

側で私を見た方は、きっと気の毒そうに思ったでしょう。

しかし、膝と腹筋の筋力を使えば、重たい仕事もこなせるものです。


自分の身の回りでも、詳しくは綴れませんが

大きな出来事があった。

起こるべくして起こったとはいえ

今までに無い経験をし、これは今後の人生を変えてしまうかもしれない。

今はまだ、はっきりと申し上げられないが

不安と怖さ、希望と勇気の混ざった事情。

降って湧いた出来事ではない。

これまでに警告ランプが何度も何度も点灯する出来事があり

そのたびに、違和感やら失望感、怒りなど

そういったマイナスな気持ちになって、向き合ってきては

また別の形で起きてしまう。


そのうちに、疲れたくない気持ちや

穏便にすませたい気持ち、あきらめ感を抱く弱さなど

正面から挑むことをしなくなった。

違和感や、首をかしげる出来事。 

それなりに向き合ってきたこともあったり、そのまま流したり。

しかし、これら蓄積されたものが、本当の自分というものを、どれほど分からなくしてきたか。

気付くまでに相当な年数がかかった。

でも、もう一人の自分は、ずっと何年も前から叫んでいたのです。


歩み寄ろうとする場も持てないまま、過ぎていく。

これが答えだとしたら、ショックを受ける反面、ここから飛び立てるチャンスでもある。

今まで味わったことのない気持ちの中

震えてしまうけれど、自分の本当の気持ち、生きていく上で大切にすることが

深く深く刻まれる、そういった機会でもある。

時間はかかりますが、

私は私の信じる、手に入れたい本当の愛を掴みにゆく。

ハイヒールと共に。



愛と感謝を込めて。  Les Caprices ・ 凜



0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...