2018年5月6日日曜日

愛する歌声。




忙しい日々の中や、心が弱っている時

心が癒され、じわじわと幸せ感を取り戻せる歌声、メロディーがある。

Isabell Aubret(イザベル オーブレ)

 C'est beau la vie  (人生は美しい)

 Deux Enfants Au Soleil  (太陽の子供たち)

60年代に活躍されたシャンソン歌手。

若い頃の歌声も、とても美しく透明感がありますが

歳を重ねてからの歌声も、力強くも芯のある美しい声。

本当にパワーを頂いております。

声に、これまで生きてきたものが現れているのでしょうか

これぞ、人生そのものを乗せた美しき声。


どうしてこのメロディーに惹かれるのか、と

何故かと聞かれても、この音楽という趣向は

心に響くかどうか、なので

明確な理由はなく、心の泉から感情が自然と溢れるから。

と、表現力の乏しい私には、これが精一杯の説明なのです。


美しい歌声に、自分の心が清浄化され、落ち着きます。

曇っていた気持ちも、この歌声にどれほど救われたか。

透明感の中に、強さを感じる。

心が折れてしまっても、よし。やろう。 と、エネルギーが湧くのだから 

私達が毎日の食事で、身体の栄養を摂取することと同じく

音楽は、歌声とは、精神の栄養剤です。

どうぞ皆様の人生の中にも、美しいひと時がありますよう、願いを込めて。



                                        Les Caprices ・ 凜



0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...