2017年12月26日火曜日

愛と感謝の循環。




今年最後の出勤も終わり、クリスマスも過ぎ
周りは一気に年末大晦日へと向かう、独特の雰囲気を感じる。



先日、今年最後のハイヒールレッスンを行った。

レッスン後に、珈琲を頂きながらクライアントの方と
美しさやハイヒール、フランスに関して様々なお話をお聞きしたり
とても有意義な時間を過ごさせて頂いた。

そしてお別れの時間が訪れ、いつものようにクライアントの方の後ろ姿を眺めながら
ふと、クライアントの方が前回よりも歩かれる後姿が颯爽としていること
凛としたオーラを感じ
感謝を込めて、バス停に向かう姿をお見送りをしていた。

その数日後、クライアントの方から、思いがけない嬉しいメッセージが届いた。


レッスン後 事件がありました。

 バス停で時刻表を見てたら
年配の女性から 突然声を掛けられました。

「あなたの立っている姿を見ながらね、私、あっちから歩いて来たんだけど
 ピーーーーんと立って、 まあ 〜綺麗。
 ずっと見てたのよ!!すごく 綺麗!!」
と、褒めて頂きました。


(途中省略)
何かを手放すと 何か別のものが見つかると
言いますが 本当ですね。


美しく歩く事で自分を表現できる事。
凛さんとのご縁。
今年は良い一年だったと もう 思ってます。



まるで我が子が褒められたような
今までに感じたことのない、嬉しさ一杯の気持ち。

やはりあの時感じた、オーラのある後姿は本物だったのです。
きっと、貴子さんが日々、真剣に自分自身と向き合い
美しさに挑戦してきたものが、見知らぬご婦人を魅了したのです。

未熟な私が、人様に教え伝えることに、
今でも試行錯誤の日々で、いろいろありましたが

このお仕事に出会えて、本当によかった、、と
asami先生に、関わってくださった全ての方に
改めて感謝した夜。


今日のプレタポルテのレッスンで直接この思いを
asami先生にお伝えすることが出来たとき

これが、愛と感謝の循環なのだと感じました。



すべてに、愛と感謝を込めて。   凜 ~ Les Caprices ~


0 件のコメント:

コメントを投稿

纏うものは 高揚するか・しないか

asami-parisコースの扉を叩いて、もうすぐ1ヶ月が経つ 自分の人生の質を上げる為に 色んなお話がありましたが 理想とする美しい女性達の中からヒントを得て取り組んだ一つに 自分の好きな服、気に入った服以外は着用しない これを毎日、行ってみた 振り返...