2017年11月20日月曜日

やはり、ハイヒール。





久しぶりに、フラットな靴を履いた。

迷いに迷い、子供と公園で走ることを考えると、やむを得ず。

娘との約束で、「この紅葉の綺麗な季節に、枯葉遊びと

ボール遊びをしたい」と、純粋に頼まれていた。

最後にフラットを履いたのは、一体いつだろう、、と思い出せない。

足を入れた途端、このがっかりな感覚。

これは踵が地面に触れるからです。

気持ちが持ち上がらない感覚です。

つま先側に、拇指球一点に焦点をあてて、歩いていた時と、

気持ちの込め方が違います。

気持ちが引き締まらない感覚は私だけなのか、これは人様々かもしれません。

体重が外側に流れてしまうように、気持ちまで生ぬるく感じます。

翌日、再び、ハイヒールを履くと

「やはりこの感覚。」というように、気持ちがひとつに引き締まります。

身体と心はやはり一体であるのだと、改めて感じた出来事でした。



感謝を込めて。   凜~ Les Caprices ~


0 件のコメント:

コメントを投稿

私の人生

ハイヒールの女神、クリスチャン・ルブタンに足を入れ 高揚する気持ちで、最初は緩やかな道を歩いた 半年ぶりに再会する、尊敬する友に会いに行くため 遠目に映る緑の木々を眺めながら歩き始めたものの 思った以上に続く急な坂道と、長い距離 ハ...