2017年6月7日水曜日

ハイヒールの哲学を振り返る・身体のこと






ハイヒールの哲学をみっちりと受けて早くも5ヶ月。

あっという間にここまできたことは勿論ですが、

振り返れば、沢山のことを得られた。
そして葛藤しながらも、今ここにある。

身体に関しては、
ハイヒールを美しく正しく歩くための理論や実技を学ぶことで
より日々のエクササイズにも理解が深まり、
身体の使い方をも、少しずつ掴める様になった。

特に私の持病であった腰痛の原因を知ることができ、
中でも身体の柔軟性は腰痛持ちには必要であり、
日々の意識とエクササイズで筋力をつけると、
だんだんと発症しなくなり、
しかしまた、腰が痛み始めると、その原因が何か分かるようになれた。
すぐに、意識と身体のポジションを変え、眠っている筋肉を起こすようにしています。


身体に関しての一番の宝物は、身体の軸が以前よりも身についてきたこと。
気持ちも、揺れ動くことが随分と減り、
自分らしく生きていけるようになった。

職場での長時間デスクワークでも、身体のポジションに気を付けてきた。
座った体勢では、特にデコルテを張り、腹筋を上に引き上げることで
肩こりや腰痛を防いでこれたと思う。


私は脳と身体のコネクトが決して良いタイプではない。
本当に手がかかる生徒だったに違いない。
そのため、先生は辛抱強く、温かい愛を持ってご指導して頂き
お蔭でやっと少しずつ軸を掴むことができた。

それでも、骨盤が無意識にどうしても右に傾いてしまうこと
右脚を前に運ぶときに、左のラインに入ってきてしまうこと
リズムを止めずに脚を運べないこと
など、課題はまだ残っており、残り一ヶ月間はこれらを克服すべく
邁進したい。

先生から、脚のトラブルや身体にまつわる
様々なお話を聞かせて頂く中で、
当たり前と思っていたことが、本当は凄く感謝すべきことだったと
改めて気付くこともあり、
両親にも感謝した。

知らない世界を知ることは、興奮するほど楽しく、
また知らずに生きてきたことも恥じた。

しかし、心と身体は繋がっているということを
身を持って経験させていただけたことは
本当に私にとって人生の財産です。

この経験を基に、女性は年齢を重ねても、幾つになっても
女性としての喜びを自信を掴むことは出来る。

ハイヒールを通してそれを感じて、謳歌して欲しい。

そのためにも、歩みを止めずに日々、向かっていこうと思っています。

asami先生、家族、友人、そして共に奮闘し戦っている同志達に深い感謝を込めて



                                        ~Les Caprices~











0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...