2017年8月18日金曜日

フランスから愛と感謝を込めて。




とても久しぶりのブログです。

昨日、フランス・パリに到着した。

ここまでたどり着く為に、福岡では嵐のような日々を過ごしていた。

まずは子供たちの宿題をほぼ完璧に終わらせることに、前半は集中した。

そして後半は、お盆の実家帰省の準備や荷造り、家の大掃除。

子供たちの合宿や親戚旅行の荷造り。

そしてフランスへ向かう前日に旅の準備。

一分でも大切な時間であり、体力との勝負でした。

なので、空港でコーヒーを頂いたときの味は本当に美味しく感じた。


私にとっては奇跡の旅。オートクチュールレッスン。

いろんな人の力をお借りした上で、実現できたこと。

支えてもらっていることを決して忘れたくないし、

この気持ちを言葉と共に、お土産はしっかりと用意したい。



今回の旅の最大の目的は、asami先生のオートクチュールレッスンを受けること。

そして、フランス語で会話を楽しむこと。

あの荘厳な建物や教会、建築物が放つエネルギー、街や人々の空気を思いっきり浴びること。

強くて美しいエネルギーを自分にも取り入れて、

これからのハイヒールのエクササイズやレッスンにしっかりと反映させること。



そして今日の午前中は、これらの目的の最大のものである

オートクチュールレッスンをついに受けることが出来た。

一言に、感動。

実際のasami先生の姿を目の前にしたときは、言葉にならないほど、感動した。

全身から溢れる美のオーラって、このようなことなのだと、真っ先に感じた。

オートクチュールレッスンのことは特別なことなので

時間をかけて、お伝えしたいと思っています。

愛と美しい強いエネルギー満載の時間のあとは、急いでTGVに乗り込み、

フランス第二の都市、リヨンの街へと向かった。

明日はじっくりとこの街を歩きます。

これからまた、ブログは不定期になりますが、時間をみつけて綴っていきたい。

今夜は、奇跡のオートクチュールの余韻にひたりながら、明日に備えます。

全てに感謝と愛を込めて。

 ~ Les Caprices・凜 ~

0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...