2017年4月6日木曜日

一歩ずつ前へ。

あれほど、前回のハイヒールレッスンで、「骨盤が右に傾いている」
と、ご指摘を受けていたのに、自分でも気を付けていたのですが、それでも今日も骨盤が無意識に左に向いていた。

そして、あれほど、自宅でのエクササイズで足のつま先の向きを意識して真っ直ぐに向けて脚を運んでいたのに、ここでも右脚のつま先の方向が間違っていた。

毎回、今日こそは前回の間違った癖への修正の声が出ないように、心してレッスンに臨むのに、それでも、完璧とはほど遠い。

また、美しく脚を運ぶためのラインも、特に右側の脚がずれてしまい、
ここがまだ完全ではない。



自分の勘の悪さと瞬発力の無さに、とても自分に歯がゆく、もっと日頃から、エクササイズと身体への正しいポジションの意識を高める必要性を感じた。

最後に教えてくださった、前足の筋肉をつくると同時に後足のかかとを同時に上げるエクササイズは、殆ど白旗状態でした。

どれも、その場で正しい身体のポジション修正と、癖を治すためのエクササイズが行われ、熱心な指導と、加えて外の春の暖かい気候もあり、この日はいつもよりたくさんの汗を流した。 
が、本当は体の汗よりも、心の中で流した悔し涙の方が一杯でした。

最後に先生が「コンサルティングをスタートしたレッスン時期と比べて、今はマインドが変わったので、身体の調子が良いですね、やはり、身体はマインドの状態がそのまま出ます。強くなりました。」 と、有難いことに、これも自分では気付かなかった嬉しい変化のお言葉を頂けて、落ち込む気持ちがスッと晴れました。




身体とマインドは直結している。少しづつ、実感し始めてきた。

まだまだ、自分で納得のいくハイヒールエクササイズと
身体の状態ではありませんが、限られた時間を無駄にせず、一歩でも前に。

まだ、自分は果てしない道を歩いていますが、いつの日か拓けた景色が見えるはずと信じて。
凜・walkingstyle

0 件のコメント:

コメントを投稿

向き合う 2

前回の続きとなりますが、 私が彼とのあまりの価値観の違いに、別離を決めたこと。 しかし、17年間お世話になったこともあり、一方的に決められないため 今回は覚悟を決めて話し合った。  私の求める夫婦感を口火に 今まで感じてきた、10年以上たっても...