2017年6月28日水曜日

ポジションを意識する。




今日は職場で、特に腹筋と背筋を意識して一日を過ごした。

昔、長時間デスクワークでは、腰や肩や首が痛くなり

終わった頃には、肩の上に重石が乗っているような感覚で

しかも猫背の状態で帰途についていた自分を思い出します。


以前にも綴りましたが、ハイヒールの哲学を学び

身体はひとつのユニットである理論を知り、

そこから例えハイヒールで歩いていない時でさえ

長時間座っている体勢でも、意識してデコルテを張り、

これでもかと腹筋を上に引き上げる。

時間に余裕のあるときは、ヒップまでぎゅっと固める。

この状態をずっとキープし続けるのは、正直に厳しく

気が緩むと、腹筋が抜けてしまってることある。

しかし、崩れてきたかと気付いたら、意識してすぐに戻す。

これも腰に負担をかけないように、肩こりを軽減したい一心です。


このような繰り返しをし、本当に身体が楽に、

今でも仕事が終わってからの、あの嫌な疲労感をほとんど感じることがありません。

逆に昔の姿勢であった楽な体勢、

背中を丸め、腹筋を立たせることもなく過ごすと

段々と背中から腰の辺りにカーブができ、一気に腰に体重が集まってくるような感覚です。

私の長年の腰痛の原因のひとつも、この姿勢の悪さです。

もうひとつは骨盤が傾いた状態で過ごしていたということ。

こちらはもっともっと意識が必要で、これからの大きな課題です。



正しい身体のポジションは、身体を守ること、美しさを放つこと。

そして美しくハイヒールで歩くことにも繋がるのだと、身体を通して痛感させられました。

これもまた、ハイヒールの哲学の恩恵です。


デスクワークで頑張っている方々、皆様にお伝えしたいほど、

この腹筋と背筋を意識すること、骨盤のポジションを正すことは、

自ら身体の痛みを未然に防いでくれる、大切な要となってくれます。

そして、マインドまで大きく変わっていくことも感じられると思います。


心と身体は密接に繋がっている。  ここに至ります。


                                       ~ Les Caprices・凜 ~












0 件のコメント:

コメントを投稿

新たな世界へ飛び込む

早朝、まだ薄暗い部屋 空気の入れ替えのためにと リビングの窓を静かに開けると ピン、と身が引き締まるものが流れ込む 10月半ばだが、もう冬の気配を感じてしまい 時の流れの速さを感じずにはいられなかった 私の中にも、...